2006/6/1

ゲイリー・バートン in ブルーノート東京  マリンバ・音楽のこと

ついに、ついに行ってきましたよ〜! 大御所メンバーを引き連れたゲイリー・バートン公演

ゲイリー様は、昨年の秋に東京スイート・ベイジルでの演奏を聴いて以来! このときの未だかつて味わったことの無い、全身震え上がるような感動は、今でも鮮明に覚えています。 

そして、今回! 前回のフレッシュなメンバーとは正反対の、往年の大御所揃い!
な、なんとパット・メセニー(g)、スティーヴ・スワロウ(b)、が、メンバーに・・・

ジャズファン歴かなり浅い私ですら、それだけですでに興奮気味! 

私の中では、これまでCDの中だけの存在だったので、なんだか、目の前にいるのが信じられない、「ホントに存在してたんだ〜(@0@)」っていう、不思議な感覚!


拍手歓声の中、ステージ上へ勢揃い! 
「おお〜〜〜」 

と、私が座ったのはスワロウ(b)側。昔から老けてみられてはいたらしいのですが、どうみても、70半ばのヨボヨボおじいちゃんしかに見えない・・・(ごめんなさいm(_ _)m)

なにがなにが、一度楽器を鳴らし始めたら、もう別人 見た目と音のあまりにも激しいギャップに、終始くぎづけでした! 
「スワロウじいちゃん、超かっこいい〜」(じいちゃんと言っても、見た目だけで、実際の年齢はまだまだ60代らしいので、あしからず・・・)


ライブ全体の感想は、前回のフレッシュでエネルギー溢れるエキサイティングな演奏とは対照的に、終始力の抜けた、そこは、さすがベテランメンバーだな〜と思わせるものでした。  曲目もCDで聴き覚えのあるものが多くて、それを生で感じられている状況にひとり酔いしれて、ホントに「あッ!!」という間に時間が過ぎてしまいました(T0T)

もっともっと聴きたかったよ〜



演奏終了後、我が殿のお力で、なっなんと!楽屋でゲイリー様に会える事に・・・ 

そしてそして、なななっな〜〜〜〜んと、


クリックすると元のサイズで表示します
ツーショット(^0^)
もう超感激ー(T〜T)

我が殿に感謝感謝ですm(_ _)m


素晴らしい夜に と、気分良くついつい家に帰ってからも飲み続けて、今朝はおかげで朝寝坊です(^^;)


さあ、エネルギーをたくさんもらったところで、今日からまた気合い入れて頑張るぞーー
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ