2006/5/13

エド・セイドン氏、クリニック&コンサート  マリンバ・音楽のこと

昨日、練馬区の大泉学園にある「ゆめりあホール」で行われた、エド・セイドン氏(vibist・バークリー音楽大学教授)のクリニック&コンサートに行ってきました

クリニックは、前半は、ヴァイブの奏法(グリップ・音の止め方等技術面・伴奏法など) 後半はバンドクリニックで、バンドでの役割についてなどでした。

とりあえず、会場に入ってまず驚いたのは、楽器

一瞬
「え??? マリンバ???(@0@)」

と、よく見ると、ダンパーがついていて・・・

「デカッ」

その大きさ、下はA〜上はCのなんと4オクターブと1/3 
通常ヴァイブはF〜Fの3オクターブ! だから、遠目で見るとどう見てもマリンバにしか見えない
クリックすると元のサイズで表示します
でしょ?

色もブロンズで、見るから「重そう〜〜」

聞けば、saito楽器の新作で、初お目見えのようでした

で、初めてにするその低音の音色は・・・
う〜〜ん、イメージ的にはグラスファイバー素材のマリンバのような音???かなぁ、、って印象!

バンド演奏ではあまりその価値が、いまいち感じない、、、というか、そこまで必要ないでしょう!と思ってしまいましたが、全くのソロ演奏だと、ベースラインがスムーズになる分、表現の幅も広がり、聴く側のもそれだけ飽きさせなのかな、とは感じましたが・・・

しかーし、そんなこと言ったら、
「音域なんて関係ないある音だけで、聴衆を飽きさせないのが、プロの腕だー」

なんて、誰かに?怒られそうですが・・・


クリニックは、想像はしていましたが、1方通行的?な感じで終わってしまいました もう少しつっ込んだ話まで行くかと思っていたので、ちょっと残念(T〜T)  
それにしても、どうして日本人って、こう周りの目とかその場の雰囲気とか気にするんだろう? って、言ってる自分もどっぷりとその中に入ってましたが・・・ 今になってちょいと後悔・・・

まあ、そんなこんなで、あっという間に時間は過ぎ・・・

夜のコンサートに・・・

サブタイトルには、「エド・セイドンとトミー・キャンベルの再開」
と書かれてましたが・・・

実際の演奏は、エド様の1人舞台のようでしたが、、、

確かな技術と、たくさんの知識をもってるんだろうなと思わせる演奏で、ゲイリー・バートンのようなスマートで爽快な感じとは全く対照的ではありましたが、それはそれで、見ててとても楽しめました

音楽って人それぞれ個性のものだから、いい、悪い!っていうことはないし、好きか嫌いか、によるもの。 だから、いろんなタイプのアーティストの演奏聴くのは、すごく勉強になるし、なにより面白い


私も、いいアーティストというより、Only1の面白い?アーティストを目指すぞ〜 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ