2007/7/20

気持ちがいい!  

つい1か月前くらいに新しい自転車を買いました。ママチャリ風ではありますが、6段もの変速機がついている優れものです!(といってもあまり変速機能は使っていない…)

久々に新しい自転車を買ったもんだから、調子こいていろんなところに行っちゃうわけです!多少、汗だくになってもついつい負荷を感じる程度まで踏み込んじゃう、この悲しい職業病(爆)わかりますか?(^^;)

さて、今日はこういうことではなくて、タイトルにある「気持ちいい!」という感覚を久々に味わいました。

どこでかというと?



自転車屋さんで。



自分家の近所に小さな自転車屋さんがあるんですが、時々通るくらいで、あまり気にも留めていませんでした。まぁ、何かあったら・・・程度だったのでね。
そしてついに今日!その自転車屋さんに行くことになりました。
というのも、まだ買って間もない自転車がパンクしてしまったんです(−−;)

ショックで悔しがっていてもしょうがないのでとりあえず行くことにしました。
預けて、自分は帰ってきて、家で仕事でもしていようと思っていたんです。

お店に行ってみると、先客がいました(おじさん)。私は、その人を待ちつつ、自分の自転車のタイヤをいじりながら「もしかして、空気入れて抜けなければとりあえずいいかもな・・」なんて思っちゃったので、2分50円の自動空気入れを使うために、両替してもらうのを待っていました。

おじさんが修理を終了し帰ったので、お店のおじちゃんに

「空気入れかいしていただきたいんで、両替をお願いします」

といったら、店のおじさん


「ほいよ!」


と店内用の大きな自動空気入れ機?をさっと私に渡してきました。


「両替なんですけど…これをおかりしていいんですか?」


というと一言!



「お、いいよ!」



と、この江戸っ子的で粋なあいずち♪
実は、ここが気持ちよかった!そこで、ちょっとパンクについて話していましたが、その雰囲気、表情、性格がとってもいい人で、パンクじゃなくてもお茶でも飲みにいきたくなるような方でした。

で、とりあえず空気を入れて、大丈夫だったので、お店の方にお礼を伝え、


「またパンクだったら、きますね!ありがとうございました。」


といって家の駐輪場に戻りました。
3分後、私は再び自転車屋さんに行くことになるのでした。
(悲)⇔(嬉)


もどった私を見てさらりと修理してくれたおじさん。
手際よく、会話も面白い!商売ってこういう感じだよなぁ。。。とつくづく実感した瞬間でした。本当に近所の大人と接したなぁ、と感じたのは初めてかも。
とっても嬉しかったんです。

この人に出会えて、今日一日が楽しく過ごせました。
本当にありがとうございます。本人は見ていないと思いますが…。

いい1日だった。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ