2007/3/25

フィギュアスケート、感動しました!  

世界選手権、男女とも見ました。

高橋大輔のステッピング、ランビエールのターンとジャンプ、抜群の安定感だったジュベール。スキルの高さにただただ感動でした。

女子の演技でも安藤美姫、浅田真央のすべりをただひたすら応援していました。(田舎のジジイ状態でした)

高橋選手、浅田選手の演技終了直後のこみ上げてくる気持ち。よっぽど大きなプレッシャーだったろうし、張り詰めていた緊張感は相当なものだったんだなぁというのが見て感じられました。その反動で涙が出てくるのは、選手だけでなく観ているこちらにも伝わってきました。

途切れちゃいけない精神力、自分のベストを尽くすために維持する集中力。普通なら緊張から中々自分本来のチカラは出せないはず。でもあの3人は出していた。まだ若いのにこれだけの成績を出せるのは本当に素晴らしいと思います!
改めて拍手を送ると共に、感動を与えてくれたことに感謝したいと思います。

ありがとう!


私は高校3年までアルペンスキーをやっていました。これも個人競技であり、自分との戦いです。自分のスタート順によっては前の人のすべりを見てしまいます。自分の意識の中に「みんな上手いなぁ…」っていうのが正直でてきます。ここが境目ですね。

安藤選手はそういうものに打ち勝とうとしていたんですよね。まずは自分の演技に集中して…と何度もインタビューで答えていました。トリノのときの安藤選手とは表情が違っていましたよね。

さっきスタメンで安藤選手が出ていたんですが、ライバルを考える前にまず自分だといってました。見習いたいと思います。


これだけ真剣にスケートを見たのは初めてかもしれません。
スポーツのドラマって本当にいいですね。真剣だからこそ生まれてくる気持ちが、人に伝わるんでしょうね。いやぁ、いい時間を過ごせました(^^)

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ