2009/4/29

アートスペース中谷美弥展  特別企画

今日から丸木美術館2階アートスペースで版画家・中谷美弥さんの個展がはじまりました。

クリックすると元のサイズで表示します

中谷さんは2005年にもアートスペースを借りて展示をして下さっています。昨日のうちに美術館に到着され、午前中いっぱいかけて木版画、銅版画など24点を展示しました。
狭山事件など社会的主題を中心に長年活動されていた中谷さん。今回の展示は木の実や芽などを主題にした銅版画の小品が中心です。
展覧会は5月6日まで行われます。

   *   *   *

今日から学芸員実習のため東京造形大学絵画科のYさんが美術館に来ています。
とても明るく、よく気がついて働いてくれる女の子です。
実習期間は5月8日まで。開館記念日も手伝ってくれるので、皆さまどうぞよろしくお願いします。
11

2009/1/4

生子貴子親子展  特別企画

仕事始めの今日から、丸木美術館に隣接する野木庵で「生子貴子親子展」がスタートしました。
この展覧会は、国立市にあるギャラリーじゃらんじゃらん小舎の店長・永松生子さんと永澤貴子さんの親子展。宮澤賢治の世界をモチーフにした絵画や陶芸、立体造形など、さまざまな表現の可能性を楽しむ二人の作品がならび、にぎやかで心温まる雰囲気の展示になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

初日はオープニング・パーティが行われ、川越のMさん一家特製のカレーをはじめ、たくさんの美味しい料理が来場者をお出迎え。妻Tも丸木美術館の鳩の焼印を押したどら焼きを差し入れました。
さいわい、申し分ないほどの青空に恵まれ、来場者の皆さんは素敵な作品と野木庵(100年以上前の元茅葺農家)の雰囲気、美味しい料理をたっぷりと味わっていました。

展覧会は1月12日(月/祝)まで行われます。
0

2008/8/5

アートスペース「ニシダツトム展」  特別企画

明日から丸木美術館アートスペースにて、富山県在住の造形作家ニシダツトムさんの展覧会がはじまります。

クリックすると元のサイズで表示します

今日はニシダさん(写真左)が来館し、ボランティアのNくんに手伝ってもらいながら、廃材を利用した「命のたからを見つめて」と題する展示を完成させました。
温厚な人柄ながら、全国の産業廃棄物不法投棄場や原発予定地などでゲリラ的に野外彫刻を発表したり、90年代に「表現の自由を守る有志の会」に参加して、富山県立近代美術館を相手に最高裁まで争うなど激しい一面も持つニシダさん。
今回、丸木美術館で展示をされることには、とても強い想い入れがあるようです。
10日(日)までの会期中ずっと滞在し、会場では小品の販売もしていますので、ぜひ多くの方にご覧頂きたいと思います。
0

2008/4/24

イ・クトゥット・ブディアナ展  特別企画

丸木美術館2階のアートスペースで「イ・クトゥット・ブディアナ展」がはじまりました。
日本インドネシア友好50周年を記念して行われるバリ島の画家の展覧会です。

クリックすると元のサイズで表示します

ブディアナ氏は1950年にバリ島に生まれ、現在は画家として国際的に活躍しながら、大東文化大学人文科学研究所兼任研究員も務めています。
作者自身の精神が投影されたブッダや妖怪たちの姿が、独特の繊細な描写とユーモアによって画面に表されています。
この展覧会は5月6日(火/祝)まで行われていますので、ぜひゴールデンウィークに丸木美術館にご来館の際には、アートスペースもご覧になってください。
1階入口ロビーでは、図録やパンフレットなども販売しています。
0

2007/9/8

荒銀一三展  特別企画

丸木美術館2階アートスペースにて「荒銀一三展」がはじまりました。
荒銀さんは名古屋の現代美術作家で、バルセロナやリヨン、ミラノなど海外でも個展を開催しています。
会場には色鮮やかなイソギンチャクのような不思議なオブジェ(特殊な粘土にアクリル絵の具やガラス球などを付着させているそうです)が9体配置され、目の眩むような異空間を作り出しています。
以下の文章は、荒銀さんの「作品について」から。

地球上で、人間がまだ人としての形をしていなかった太古の時代に存在したかも知れない原生動物達が、深い記憶の底にあり、時々、私の手を伝わって、ポコポコと出で来るような気がする。
これは、生命の源であると思う。
私の作品の中に無意識の内に出てくる渦巻き、螺旋状形態は、体の中の血液の循環でもあり、空気、水、あらゆる地球上の生命体の循環でもある。
私は、作品を通して、生命体の持つ、エネルギーを表現したいと思っている。


クリックすると元のサイズで表示します

写真は展示中の風景です。会期は9月22日(土)まで。
0

2007/7/25

在外被爆者写真展  特別企画

22日(日)から8月12日(日)まで、丸木美術館2階アートスペースにて「在外被爆者写真展」を開催しています。
在韓・在米・在ブラジルの被爆者写真パネルを中心とした展示です。
会期中は無休、美術館の入館料のみでご覧いただけます。

クリックすると元のサイズで表示します

主催の在韓被爆者問題市民会議事務局による展覧会の目的は以下の通り。

在外被爆者とは、現在日本以外の外国に住んでいる原爆被爆者のことです。
その範囲はアジア諸国、北米・南米ほか20数ヵ国に広がり人数は少なくとも5000人以上と思われます。
在外に生活する被爆者は日本の被爆者援護法の枠外におかれてきました。そのため在外被爆者の方々は毎年のように国会議員への陳情や裁判を行ってきました。
『被爆者はどこにいても被爆者』との言葉に示されるように訴えによって裁判の勝利によって多くの権利を勝ち取ってきました。しかし、在外被爆者は老齢化とともに日本への渡航は困難になっていますが、依然として国・厚労省は手帳取得には渡日は必要であるとし、在外公館等での手続きを認めていません。これらにより未だ在外被爆者の問題は解決されずに今日まできております。
多くの皆様の理解とご協力を得るため2005年に第1回在外被爆者写真展を東京で開催しました。今回これをもとに新たに写真を追加・補修等を行い、在外被爆者写真展を開催し、韓国・ブラジル・米国を中心に在外被爆者の歩みや実情を紹介したいと思っております。
0

2007/3/21

石塚悦子さん「親子展」  特別企画

丸木美術館アートスペースで、石塚悦子さんの「親子展」がはじまりました。
今日は午後からオープニングパーティが開かれました。

クリックすると元のサイズで表示します

石塚さんは、丸木美術館クラブの工作教室にたびたびお手伝いに来て下さる画家の方で、今年の5月5日開館記念日の工作教室でも案内人を務めて下さいます。
M年山さんとはかなり古くからのお友だちで、二人が肩を寄せ合って何やら楽しそうに談笑している姿は、まるでぐつぐつ煮え立つ鍋の前で行われる「魔女の集会」のようです(良い意味で)。
今回は、石塚さんのご両親とお姉さん、妹さんの5人家族の作品を一同に会した「親子展」。
バラエティに富んだ作品の前で、オープニングを祝う穏やかな時間が流れていました。
展覧会は31日(土)まで行われます。
0

2007/2/4

谷口幹郎展の目録作成  特別企画

1月21日から28日まで丸木美術館2階アートスペース(貸ギャラリー)にて谷口幹郎展が開催されました。
会期が短く、しかもぼくのいくつかの館外での仕事とちょうど時期が重なってしまったこともあって、日誌でも充分な紹介ができなかったのですが、今日はようやく谷口展の作品目録作りに着手することができました。
アートスペースは貸ギャラリーなので、これまで目録の作成などはしていなかったのですが、谷口さんは以前美術館で働いていたこともあり、普段からボランティアとして美術館クラブの準備などを手伝ってくれているので、今回の展示をなんとか記録として形に残してあげたかったのです。
目録には会期中に撮影した作品写真全25点を掲載。
今回の展覧会では、はじめて谷口さんの作品を総括的に見ることができました。
あらためて気づかされるのは、10代の頃の冴えた透明感のある写実作品と、30代のアンデスを題材にした楽園的な作品の間に、彼の精神的な問題によって重く横たわる10年間の断層です。
まったく制作ができなかったという10年の歳月が、彼に何を失わせ、また何をもたらしたのかを深く考えさせられる個展でした。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は彼の記念碑的作品とも思える《アンデス高原の調べU》(1999年頃)。
0

2007/1/26

谷口幹郎展  特別企画

現在、丸木美術館2階アートスペース(貸ギャラリー)にて「谷口幹郎展」が開催されています。
谷口幹郎さんは川越の万年山えつ子さんが主宰する自浄アトリエ「カルディア会」のメンバー。
今回の展覧会では、高校時代の《自画像》などの油彩画から、アンデスの民族音楽などをテーマにした近作までを展示。谷口さんの絵画制作活動を振り返ることのできる内容になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

真面目で繊細な谷口さんは、毎日午後1時頃に規則正しく来館します。N事務局長は「電話をくれればいつでも駅まで迎えにいくよ」と言っているのですが、どうやら谷口さんは最寄りの「つきのわ駅」から毎日30分近くかけて歩いて来ることに決めたようです。
昨日ご紹介した『日本書法』Vol.10(3月20日発売号)にも、谷口展のレビューが掲載される予定です。
ぜひ多くの方に足をお運び頂きたいと思います。(1月28日まで)
0

2006/10/3

緊急開催! 万年山えつ子展  特別企画

クリックすると元のサイズで表示します
▲緊急開催! 万年山えつ子展

先日、NHK「こんにちは! いっと6けん」で紹介された画家の万年山えつ子さん。
丸木美術館にも早速「万年山さんの展覧会はいつまでですか」といった反響があり(番組では展覧会をしているという紹介はなかったのですが、観ていた人は勘違いをしてしまったらしい)、それらの声に応える形で、急遽2階のアートスペースにて「万年山えつ子展」が緊急開催されることになりました。
まだ会期も決まっていないのですが、思い立ったら即行動の万年山さん。早速作品を運び込んで、ボランティアのDさんにも手伝ってもらいながら作品を飾りつけました。
番組でも紹介された代表作がずらりと勢ぞろいした迫力たっぷりの展示です。
ぜひ皆さま、この機会に「万年山ワールド」をご堪能下さい。

今日は地元のK小学校3年生71人が来館し、2階の《原爆の図》の前で館内説明を行いました。
K小学校には今月の18日に出張ワークショップでお世話になる予定です。偶然来館していた万年山さん(18日のワークショップ担当)をK小学校の先生方に紹介し、簡単な打ち合わせも行いました。
0

2006/6/4

森川粧子展など  特別企画

クリックすると元のサイズで表示します
▲森川粧子展オープニングの風景

クリックすると元のサイズで表示します
▲東京国際大学の学生が来館

今日はアートスペースで「森川粧子展」のオープニングが行われ、八怪堂では川越のグループ「遊びの学校」のパプアニューギニア・コンサートが開かれました。
森川粧子展オープニングは、川越のMさんグループの準備により、カレーやコロッケなどたくさんの食事が用意され、展示室は温かい笑い声であふれていました。
遊びの学校の皆さんには、いつものように昼食にカレーをご馳走になりました。
また、午前中には東京国際大学のO先生が学生を連れて来館、「原爆の図」の前で館内説明を行いました。O先生はアウトサイダー・アートに関心が高く、これまで丸木スマ展や大塚直人展などをとても熱心に見て下さっている先生です。学生たちは熱心にメモを取りながら館内を見学。毎年今年の夏に博物館実習を行うAくん、Tくんの姿も見えました。
午後には群馬県A市のU地区労センターの団体29人が来館。「原爆の図」の前で館内説明を行い、美術館への支援カンパも頂きました。
いつもは静かな丸木美術館ですが、今日は子どもや若い学生たちの姿も多く、音楽や笑い声の絶えない賑やかな一日でした。
「美術館は静かな場所」という印象をお持ちの方も多いとは思いますが、丸木美術館は、様々な人の集まる“場”としての役割も重要視しており、今日のようにほどよい歓声の響く美術館でありたいと個人的には思っています。
『原爆の図』という重い絵を展示する美術館だからこそ、来館される人の心に希望を与える美術館でありたいです。
0

2006/4/21

塙珠世 夢の世界展  特別企画

クリックすると元のサイズで表示します

5月2日(火)〜14日(日)
午前9時〜午後5時 5月8日(月)は休館日
国内外で活躍する塙珠世、今年最初の作品展です。近年では、欧州各国の芸術祭に参加するなど、舞台を広く海外に求めて旺盛な制作活動を続けています。混沌とした現代社会を作家の優しい眼が捉えます。

はなわ たまよ
東京生まれ 鶴岡義雄、原良次に師事。’82年二科展初入選、女流画家協会展、上野の森美術館賞、銀座大賞入賞、会友賞、新世紀宮廷芸術祭(ウィーン)G.クリムト賞、驚異と美の饗宴展(ヴェネツィア)メラヴィリア国際金賞、国際芸術文化賞、二科会会員
1

2005/11/25

アートスペース貸出  特別企画

クリックすると元のサイズで表示します
▲紅葉情報=美術館2階休憩室から見た風景

午後、ギャラリー史のTさんが、来年5月2日(火)〜14日(日)に丸木美術館アートスペースで個展を予定されている画家の塙珠世さんを連れて来館された。スペースの下見の後、DMやライティングの件について打ち合わせを行う。特にライティングについては「スポットライトをできるだけ増やして欲しい」との要望があり、これについてはN事務局長と後日相談すると回答した。丸木美術館では予算の都合もあり、できるだけライトの数を減らして展示している。しかし貸スペースとしてお金をいただく以上、借り手の要望があれば、やはりライトを増やすのが道理ではないかという気持ちもある。丸木美術館には予備のライトはないので、新しく購入するか、他の部屋のライトを持ってくるか、どちらかを選択しなければならない。N事務局長の意見はどうだろうか?(N事務局長は本日午後休だった)

   *   *   *

午後7時30分からのNHK「特報首都圏」で、今月12日に丸木美術館を訪れたOさんが取り上げられた。新宿駅西口で平和への意思表示をする様子と共に、丸木美術館の存続の危機についても紹介されたので、明日からまた新しく反響が来るかもしれない。
0

2005/10/2

丸木美術館アートスペース「山川靖夫展」  特別企画

クリックすると元のサイズで表示します

10月5日(水)〜10月16日(日)
午前9時〜午後5時(最終日10月16日は午後1時まで)
10月11日(火)は休館日
 彼の近作は古シャツに詰め物して灰白色に塗った塊を、蛇が這うような部分もある布のヒダ、鉄条網とも見える結び目のある紐の下に埋め込んで一部露出させる。それは壁にとじこめられ、地面にころがってみすてられた名もない民衆の死体からの、戦争と国家に対する寡黙だが痛烈な告発といえる。
 (針生一郎館長の解説文より抜粋)
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ