2018/7/28

第56回原爆文学研究会  講演・発表

台風が迫る中、神戸センタープラザにて第56回原爆文学研究会へ。
午前中の世話人会では、原爆文学研究会史上初めて、台風により2日目の中止が決定されました。
ちなみに2日目の研究発表は、中尾麻伊香さんによる「被ばくと奇形――原爆映画におけるその表現と科学」。そして「原爆文学」再読として、吉本隆明の『「反核」異論』について坂口博さん、村上克尚さん、加島正浩さんが発表する予定になっていたので、残念でした。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、1日のみの開催となってしまった原爆文学研究会。
最初の研究発表は新会員の池田清さんによる「広島市の戦災復興都市建設と「植民地都市計画」―近代(核)文明と日本国憲法―」。
池田さんは都市計画を専門とされており、広島市の戦災復興都市計画が、戦前の「植民地都市計画」を引き継ぎ、被爆者を置き去りにして道路・建物・公園を優先するものであったことを指摘しました。「人間復興」とはかけ離れた、近代的な科学技術による「平和と繁栄」を求める復興計画は、現在の福島原発事故にも連続していくというのです。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、ワークショップ「炭鉱と原爆の記憶 ―文化運動・被爆朝鮮人・遺構から考える―」。
司会は楠田剛士さん。報告は次の3名でした。

1950年代「原爆の図展」と炭鉱文化運動  岡村幸宣
炭鉱と原爆をつなぐ ―雑誌『辺境』を視座に  奥村華子
遺構を通して考える〈炭鉱〉と〈原爆〉  木村至聖

岡村の発表は、1950年代の「原爆の図展」が炭鉱文化活動と深くかかわっていたことを、当時の資料などを参考にしながら明らかにするものでした。とはいえ、当時の観客や関係者が、「炭鉱」と「原爆」の〈共通点〉にどれほど自覚的だったかは、資料からはあまり読み取れません。エネルギー問題や差別の構造などの問題が社会的に浮上してくるのは、もう少し後の時代だったのでしょう。その予兆を1950年代の文化運動からどのよう読み解いていくのかは、もう少し考え続けていきたいところです。

奥村さんの発表は、井上光晴編集の雑誌『辺境』に掲載された平岡敬や朴壽南らの文章をもとに、在日朝鮮人被爆者を通して「炭鉱」と「原爆」を併置するものでした。
これまでにも繰り返し取り上げられてきた、原爆文学研究会らしいテーマ設定と言えるでしょう。

一方、「軍艦島」などの遺構を研究している木村さんは、遺構を通して歴史を語り、記憶を継承することの可能性と困難を伝える発表でした。「原爆」と「炭鉱」を短絡的に結びつけることはできないが、一見異なる遺構から喚起される「想像力」を、さらに「想像力」で架橋していくことは可能なのではないか、という発言は興味深く聞きました。

その後の質疑応答もなかなか刺激的でしたが、結果的には「炭鉱」と「原爆」がいかにつながらないか、あるいはつながりを〈不可視化〉されているかが浮かび上がったという感じです。

閉会後は、三ノ宮の地下街の店で打ち上げ。皆さま本当にお疲れさまでした。
0

2018/7/27

『週刊読書人』に『池田龍雄の発言』書評寄稿  執筆原稿

2018年7月27日付『週刊読書人』に、『池田龍雄の発言 絵画の後ろにあるもの』(論創社)の書評を寄せました。

クリックすると元のサイズで表示します

2002年から2017年までの画家の発言を集めたアンソロジー。
半世紀以上を経た後も、戦争の記憶は血肉に染みこみ、日常の細部に宿る。
池田の強靭な言葉は、過去と現在をつなぎ、未来を作りかえていくための礎になる。
1

2018/7/21

丸木ひさ子絵本原画展作家トーク  イベント

丸木ひさ子さんの絵本原画展『てっちゃんのたんじょうび』の作家トーク。
ひさ子さんの故郷であり、丸木俊の故郷でもある北海道・秩父別を舞台にした心あたたまる物語について、1時間ほどお話をお聞きしました。

クリックすると元のサイズで表示します

『てっちゃんのたんじょうび』は春の田植えの季節。
そして続編の『てっちゃんのゆきすべり』は冬の豪雪の季節。
どちらも、自然とともに生きる人びとの暮らしを絵で伝える、民俗資料のような絵本です。
馬の蹄鉄屋さんや畳屋さん、映画館などが並ぶ町なみの描写にも目を惹きつけられます。
それは、作者の育った1960年代の秩父別であり、家族たちから話を聞いた少し昔の光景も取り入れているのだそうです。

観客からは、ぜひ他の季節の絵本も描いてほしい!というリクエストの声もあがっていました。
続編、実現するのでしょうか。
期待しながら、じっくり待ちたいと思います。
 
0

2018/7/14

儀間比呂志展オープニングトーク  企画展

夏の企画展「追悼 儀間比呂志 沖縄を描き続けた版画家」が開幕。
オープニングトークでは、戦後の沖縄で「反復帰論」の旗手でもあったジャーナリストの新川明さんと、沖縄県立博物館・美術館主任学芸員の豊見山愛さんをお迎えして、貴重なお話をしていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します


実は昨日から沖縄県立博物館・美術館でも「儀間比呂志の世界」展が開幕しており、新川さんも豊見山さんも、その開幕に立ち会われて、慌ただしく丸木美術館に駆けつけてくださったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

儀間さんが沖縄で初個展を開催されたのは1956年のこと(5月12-14日、第一相互銀行3階ホール、沖縄タイムス後援)。そのとき新川さんは沖縄タイムスの記者として、展評を記しています。
新川さんによれば、戦争や占領の現実を直視しようとしない沖縄の文壇・画壇を、儀間さんの作品が揺さぶってくれるという期待があったそうです。

過酷な現実を体験した人たちが、それを「忘れたい」と思うのは、沖縄戦であれ、原爆であれ、当然でしょう。
非体験者がそれらの記憶を表現することは、ときに批判の対象になりますが、むしろ、「記憶」し「伝える」ことは、非体験者の役割なのではないか、と思うことがあります。

丸木夫妻も儀間さんも、「外から」沖縄戦を描いたからこそ、表現できたことがあったはずです。芸術表現が抉り出す「真実」が、体験に基づいた「現実」と、必ずしも一致するとは限らない。儀間作品を丸木美術館で展示しながら、そんなことを考えました。

8月4日(土)午後2時からは、今度は私が沖縄県立博物館・美術館へうかがって、ギャラリートーク「南洋から沖縄へ−儀間比呂志と丸木俊の交錯するまなざし」を行います。
沖縄で儀間比呂志の作品をまとめて観るのは、2009年の「美術家たちの『南洋群島』」展以来でしょうか。今から、とても楽しみです。
3

2018/7/13

東京ステーションギャラリー「いわさきちひろ展」内覧会  館外展・関連企画

東京ステーションギャラリー「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」内覧会へ。

ちひろという、先入観を解きほぐして自由に語ることの難しい画家を、あえて読みなおし、「イメージの刷新」を試みるという展覧会です。
岡田三郎助、中谷泰、丸木夫妻ら師事した画家たちとの影響関係や、表現の技術的な画期性に焦点を当て、新たに掘り起こされた幻灯などの資料も充実していました。

展示構成は比較的オーソドクスでしたが、「絵画」として正攻法で見ることがかえって新鮮に感じられるのは、「原爆の図」も他人事ではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

「イメージの刷新」という意味では、図録に収められた足立元さんの論考「前衛のちひろ 1947-1952」が良かったです。
前衛美術会への関わりという、これまで重視されていなかった視点から、温和なイメージの彼女が、過激な「前衛」の芸術活動にどれほど意識的だったのかを検証する内容。
革新のために自己さえも破壊するのが「前衛」の宿命ならば、「前衛」を通過して「童画家」の道を選びとった彼女の存在を、足立さんは「前衛芸術の側から、むしろ積極的に評価すべき」ではないかと挑発的に問いかけます。さらに、いわゆる「前衛の女性」からちひろを排除してきたことこそ前衛芸術史観の問題ではないか、と。
ごく少数の例外を除いて、生涯「前衛」であり続けた者はほとんどなく、「挫折」や「転向」にも意味を見出そうとする彼ならではの、興味深い問題提起でした。

今回の展覧会も含めて、近年のちひろ研究は、変革をおそれず、自立した「童画」の新しい表現手法の実験を試み続けた(最後の作品となった『戦火のなかの子どもたち』は、何度見ても凄みがあります)画家としての評価が基軸になっているので、その出発点として前衛美術会時代のちひろの思索に迫ることは、彼女の画業の根幹を考える上で重要な意味を持つでしょう。

「破壊の果てに自壊してしまう前衛芸術のひとつとして、童画家「いわさきちひろ」の誕生があった」とする足立さんの指摘からは、たしかに「新しいちひろ像」が浮かび上がります。
1

2018/7/11

儀間比呂志展展示作業  企画展

7月14日からはじまる「追悼 儀間比呂志展」の展示作業がほぼ終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

立命館大学国際平和ミュージアムより借用した木版画45点の展覧会。「風間サチコ展」から木版画の展示が続きますが、首都圏で儀間作品をまとめて見ることのできる貴重な機会となります。

クリックすると元のサイズで表示します

14日午後2時15分からは、儀間さんと数多くの仕事をされてきたジャーナリストの新川明さんと、沖縄県立博物館・美術館の豊見山愛学芸員をお迎えして、オープニング・トークを開催します。
実は沖縄県立博物館・美術館でも一足早く13日から「儀間比呂志の世界」展がはじまるのですが、お二人ともお忙しい中、丸木美術館に駆けつけて下さるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

戦後、「沖縄の外から」沖縄戦を表現し続けたという点で、儀間さんと丸木夫妻には通じるものがありますし、その他にもいろいろと共通点を考えながら展示作業を行いました。この夏、ぜひ多くの方に儀間比呂志の版画作品をご覧いただきたいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

また、8月4日午後2時からは沖縄県立博物館・美術館の「儀間比呂志の世界」展で、岡村がギャラリートークを行います。丸木美術館における「儀間比呂志展」の報告をしつつ、沖縄の方々とともに儀間作品を観て、お話ができたらと楽しみにしています。
0

2018/7/2

武蔵野市立吉祥寺美術館「江上茂雄展」  他館企画など

昨夕に新幹線で京都へ移動し、朝から立命館大学国際平和ミュージアムで儀間比呂志の版画作品の集荷作業。
帰宅前に武蔵野市立吉祥寺美術館に立ち寄り、「江上茂雄 風景日記」展を観ました。
会期は7月8日まで。この貴重な機会を逃したくなかったのです。

江上茂雄という画家を知ったのは、2013年の炭坑展の集荷で筑豊を訪れたときでした。
そのときは残念ながら展示を観ることができませんでした。
2015年の広島市現代美術館「ライフ=ワーク」展で、戦時中に兵役につくことができず肩身の狭い思いをしていた自身を鎮める細密植物画のシリーズ「私の鎮魂花譜」を観ましたが、いつか彼の画業を俯瞰する展示を観たいと思っていたのです。

1912年生まれの江上は、家計を支えるために15歳で三井三池鉱業所の建築課に就職し、休日や勤務後のわずかな時間を使って、はじめは水彩画で静物を、のちにクレパス・クレヨンで風景画を描き続けたそうです。定年退職後は福岡・荒尾の自宅付近で約30年間「正月と台風の日を除く毎日」水彩で風景画を描き、2014年に2万点以上の絵を残して101歳で亡くなりました。
描くことが血肉化された人だったのだということが、残された作品から感じられます。

展覧会は、江上の制作の時代背景として、山本鼎の唱えた自由画教育や、中村善策著『クレパス画の描き方』(1939)が紹介されている丁寧な内容。狭い空間に(小品中心とはいえ)400点超の絵画がひしめく、見応えのあるものでした。

クリックすると元のサイズで表示します

図録は30ページで収録作品も多くはありませんが、表紙カバーを開くと、晩年の20年間に荒尾運動公園駐車場付近を描いた96点の水彩画が印刷されています。ほとんど同じ角度の風景ですが、少しずつ色彩が異なっていて、それがとても良いのです。
穏やかな狂気の、強い説得力を感じました。

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイブに江上茂雄のインタビューが記録されているので、こちらもぜひご覧ください。
http://www.oralarthistory.org/archives/egami_shigeo/interview_01.php
http://www.oralarthistory.org/archives/egami_shigeo/interview_02.php
0

2018/6/23

1950年代幻灯上映会「平和特集」  イベント

毎年恒例の丸木美術館1950年代幻灯上映会。
今年は「平和特集」ということで、生誕100年を迎えた鈴木賢二が手がけた幻灯2本を含めた3本立てのプログラムでした。
企画・作品解説は、おなじみ気鋭の映像研究者・鷲谷花さん。
いつも興味深い企画をありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

以下、鷲谷さんによる概説と作品解説です。

【概説】

1952年4月のサンフランシスコ講和条約発効後に本格的に高揚した反戦・平和運動において、映画よりも携帯性が高く操作の簡単なうえに、スクリーンに鮮明な映像を大きく映し出せる幻灯(スライド)は、使い勝手の良い映像メディアとして広く活用されました。イラストレーション、写真、人形劇、影絵など、さまざまな手法を駆使した反戦・平和幻灯が作られていますが、今回は北関東造型版画運動の中心となった版画家・彫刻家の鈴木賢二が作画した影絵幻灯2点と、ベルトルト・ブレヒトの写真詩集『戦争案内』の幻灯版を、岡崎弥保さんの朗読により、オリジナルフィルムと幻灯機を用いて上映します。

【上映作品解説】

クリックすると元のサイズで表示します
『インディラ物語 象トンキーの死』(1952年)
製作:日本幻灯文化株式会社
作:スズキケンジ(鈴木賢二)
フィルム提供:神戸映画資料館
1943年に上野動物園で殺処分された象の実話に基づく影絵幻灯。同じ実話を基にした創作としては、1951年初出の土家由岐雄の童話『かわいそうなぞう』が名高いが、実際の上野動物園の象の殺処分は、連合軍による日本本土空襲が本格化するより以前の出来事だったにもかかわらず、空襲下の出来事であるかのように物語られる時系列のずれは、『かわいそうなぞう』と本作とに共通している。一方、戦時中の殺処分以来、象が不在だった上野動物園に、1949年9月にインドから贈られた象インディラが、殺されたトンキーの物語を、当時を知る飼育係のおじさんから聞かされるという枠物語は本作のオリジナルであり、上野動物園へのインディラの贈呈が、戦争の犠牲となった象たちの記憶が掘り起こされるきっかけとなったことを伺わせる。

クリックすると元のサイズで表示します
『ヒロシマの子供たち』(1952年?)
製作:日本教職員組合
絵・文:スズキケンジ
フィルム提供:神戸映画資料館
幼時に被爆した少年の原爆症による死を物語りつつ、反戦を訴える影絵幻灯。一般には火傷の瘢痕を指す「ケロイド」の語が、独自の解釈で用いられていることなど、正確な事実に即しているとは言いがたい描写も含まれる。『原爆の図』や絵本『ピカドン』の影響が伺われる構図が散見されるほか、ラストシーンは清水宏監督『蜂の巣の子供たち』(1948年)に類似しており、同時代の原爆に関するさまざまな情報・表現の再利用から成り立つ作品ともいえる。

クリックすると元のサイズで表示します
『戦争案内』
原作:ベルトルト・ブレヒト
編集:関西幻灯センター 古志峻・田窪清秀・高原宏平
製作:日本幻灯文化株式会社
版権所有:ドイツ民主共和国ベルリン オイレン・シュピーゲル社
フィルム提供:神戸映画資料館
ベルトルト・ブレヒトによる、第二次世界大戦時の新聞・雑誌報道写真の切り抜きを集め、それぞれに短詩を付した写真詩集『戦争案内 KRIEGFIBEL』(1955)の幻灯版。翻訳・編集は関西国民文化会議「ドイツ・グループ」のメンバーが担当した。『戦争案内』の日本語による紹介としては、本作が最初の試みであるといえるが、オリジナルの写真詩集から、約半数にあたる38コマを抜粋して再構成したダイジェスト版となっている。

※本プログラムはJSPS科研費18K02022「近現代日本の社会運動組織による「スクリーンのメディア」活用の歴史・地域的展開」(研究代表者:鷲谷花)の助成による
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kikaku/2018/20180623magic_lantern_leafret.pdf

今回の朗読は、絵本『ひろしまのピカ』などの朗読でおなじみ、俳優・語り手の岡崎弥保さんにお願いしました。
安定感のある澄んだ朗読は、幻灯上映の魅力をいっそう引き出していました。
ご来場くださった皆様に、心より御礼申し上げます。

1

2018/6/19

TOKYO ART BEATに風間サチコ展レヴュー掲載  掲載雑誌・新聞

Excavating Concealed Truth Sachiko Kazama’s “Dyslympia 2680”
 ―In Reviews by Jong Pairez 2018-06-19 TOKYO ART BEAT

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.en/2018/06/excavating-concealed-truth.html
0

2018/6/9

風間サチコ×安冨歩対談  企画展

風間サチコ展の特別対談は、「女性装の大学教授」安冨歩さんをお迎えして大盛況でした。
ご来場下さった皆様、どうもありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

お二人はこの日が初対面ということで、会話がかみあうかどうか少々心配していたのですが、対談前の打ち合わせから和やかに話が盛り上がり、安心しました。

クリックすると元のサイズで表示します

安冨さんご自身が描かれた雨の出陣学徒壮行会の油彩画を持ち込んだり、最後は会場じゅうをまきこんで即興演奏会が行われたりと、何が起こるかわからないスリリングな展開も、終わってみれば楽しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

展覧会は7月8日まで。撮影はOさん、ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/6/9

特別展示 丸木ひさ子絵本原画展  特別企画

6月9日(土)から9月9日(日)まで、丸木俊の姪で絵本作家の丸木ひさ子さんの絵本『てっちゃんのたんじょうび』(初版1994年、福音館書店)の復刊を記念して、2階アートスペースにて絵本原画展を開催します。
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kikaku/2018/hisako_leafret.pdf

クリックすると元のサイズで表示します

ひさ子さんの故郷(そして丸木俊の故郷でもある)北海道秩父別の小さな寺を舞台にしたかわいらしい絵本。
1960年代の北海道の豊かな農村の暮らしを伝える、小さな「民俗誌」でもあります。

7月21日(土)午後2時15分からは、作家トークを行います(参加自由、入館料別途)。
0

2018/6/7

『中國新聞』寄稿「高畑勲さんと「原爆の図」」  執筆原稿

『中國新聞』文化部Dさんのお誘いで、高畑勲さんと「原爆の図」について寄稿しました。
「考えは深めたい」……高畑さんの宿題を、これからも考え続けていきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

高畑勲さんと「原爆の図」―画中の「真実」見極める情熱
 ―2018年6月7日『中國新聞』

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=83049
0

2018/6/1

Ring Bong第8回公演「ふたたびの日は何色に咲く」  他館企画など

座・高円寺にて、山谷典子さんの主宰する演劇ユニットRing Bongの第8回公演「ふたたびの日は何色に咲く」。
市川房枝、平塚らいてう、原阿佐緒をモデルにした三人の「新しい女」のそれぞれの生き方を、大正デモクラシーから戦争に向かっていく時代の変化とともに描いた力作。

クリックすると元のサイズで表示します

彼女の脚本では珍しく現代の場面が登場しませんが、性差別や現政権の問題などを浮かび上がらせる今日的な作品になっていました。
第8回公演ということは、山谷さんとお会いして8年目になるということですが、彼女は最初から、自分が何を表現したいかという軸を持っていたんだなとあらためて思いました。

回を重ねるうちに、劇場が大きくなって、メディアにも取り上げられるようになって、大勢の観客が集まるようになってきたけれど、彼女自身も着実に表現力を積み上げていって、毎回、作品が良くなっていると感じます。それは決して簡単なことではなく、彼女の資質と努力と周囲の支えの賜物なのでしょう。
今年もまた舞台に引き込まれ、観終わった後、自分もしっかり仕事をしていこうと励まされたような気持ちになって、劇場を後にしました。
0

2018/5/28

『アート+カルチャー』にて風間サチコ展紹介  掲載雑誌・新聞

「風間サチコ展」、初日の午前中から取材して下さったドイツ人記者が「アート+カルチャー」のサイトで紹介して下さいました。
丸木美術館という場所性も踏まえた充実の記事です。

優作「ディスリンピア2680」@風間サチコ展・「原爆の図丸木美術館」
 ―2678年5月23日『アート+カルチャー』
http://art-culture.world/articles/kazama-sachiko-dislympia-2680-hiroshima-panels-maruki-museum/
0

2018/5/21

『毎日新聞』に「風間サチコ展」紹介  掲載雑誌・新聞

風間サチコ ディスリンピック2680 社会の狂気照らす
 ―2018年5月21日『毎日新聞』夕刊「アートの扉」

クリックすると元のサイズで表示します

=====

 牧歌的な丸木美術館の展示室に入ると、巨大な黒と白の世界が目に飛び込んでくる。木版画で現代社会のゆがみを描いてきた作家が、優生思想から着想を得たのが本作だ。

 架空の都市で、近い未来に開催される五輪「ディスリンピック2680」の開幕式典。スタジアムの中央にそびえる祭壇のような場所では、各層でウサギ跳びやブリッジをする人が描かれ、頂には人力で支える巨大な日の丸が翻る。

 狂気に満ちた世界の細部は戯画的だ。
……

=====

(記事冒頭から抜粋、全文は以下)
https://mainichi.jp/articles/20180521/dde/012/040/025000c
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ