2018/11/22

【済州島出張3日目】済州4.3記念館シンポジウム  調査・旅行・出張

済州島3日目は、済州4.3記念館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

済州4.3記念財団と済州大学平和研究所の主催で、1981年に沖縄創価学会が募集した体験者による沖縄戦の絵123点を展示する企画があり、開幕シンポジウム「沖縄戦の記憶と絵」に、O大学K先生とともに招待されたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

基調講演は、沖縄戦の絵の展覧会を企画した済州大学のC先生。済州における創価学会の研究もされていて、そのつながりを生かして、今回は原画の貸出を実現させています。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、K先生が「市民が描いた原爆の絵」や、基町高校の生徒が体験者の証言を聞きながら描いた「原爆の絵」、山城知佳子の映像《あなたの声は私の喉を通った》を紹介し、私は《原爆の図》を中心に丸木夫妻の仕事を紹介。
事前に打ち合わせたわけではありませんが、K先生は「史実かフィクションか」の二分法を迫る議論がもたらす問題点を指摘し、私も丸木夫妻が「記録」からこぼれ落ちる立場の人たちの「記憶」を描いたとしつつ、「記憶」は曖昧で変化するため、絶対化は危険であり、「事実」と「記憶」をどう整理して読み解いていくかは受け取る側の課題だと話しました。

午後に行われた韓国側の発表は、どちらも4.3事件を主題にした美術について。一方は体験者が自身の記憶を描いた絵画、一方は芸術家による表現の紹介でした。
続いてディスカッションも行われましたが、われわれが提起した「記憶」をめぐる問題にはほとんど触れられず、被害者の「記憶」がいかに「真実」を伝えるか、という方向で話が進んだので、少し拍子抜けではありました。
後で打ち上げの席でK先生の知人に聞いたところ、韓国ではまだそこまで自由な議論はできない、とのこと。被害者の「記憶」も政府公認のものが真実として扱われる傾向にあるようです。政権が変わり、ようやくこうした企画ができるようになっただけでも前進なのだとのこと。

ちょうどテレビでは、4.3事件の犠牲者の遺骨がDNA鑑定によって遺族のもとに返された(シンポジウム会場の隣の建物でセレモニーが行われていた)とニュースが流れていましたが、こうした事業も前政権のときには予算化されず、まったく進まなかったそうです。
日本には日本の問題があるが、韓国には韓国の問題があると感じた一日。しかし、葛藤を抱えつつ、限られた条件のもとで自分のできることをやろうしている人たちがいることも知りました。

クリックすると元のサイズで表示します

「沖縄戦の絵」は、第1部「避難」(疎開、亀甲墓への避難、ガマへの避難、集団自決、爆撃、避難)、第2部「虐殺」(日本兵、米兵、戦後)という2部構成、9つのテーマに分かれて展示されていました。
1980年代という早い時期に集められたこともあって、特に第2部の絵は非常に詳しく生々しい。C先生が、今の創価学会は原画の貸出に積極的ではない、と言うのもわかる気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

また、同時開催として「沖縄と済州交流美術展」も開催され、沖縄から石垣克子、比嘉豊光、与那覇大智ら、韓国側は前日に個展を観たばかりの高吉千の作品も展示されていて、こちらも興味深く見ることができました。
0

2018/11/21

【済州島出張2日目】掩体壕、「済州島4.3事件」の碑など  調査・旅行・出張

済州島出張2日目。
町の向こうに漢拏山がよく見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

午前中は旧市街の市場を散策。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

午後、島の南西端へ済州大学C先生のお連れ合いKさんの車で向かう途中、コンクリート造の旧日本軍の通信基地の跡を見かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

人がひとりやっと通れるような地下通路が2本。1945年の解放後は、韓国軍の弾薬庫にも使われたとのこと。
戦争末期の日本軍は、沖縄陥落後、この済州島で連合国軍を迎え撃とうとしていたそうです。
車で案内してくださったKさんによれば、「広島がなければ済州も沖縄のようになっていた」とのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

島の南西端にある松岳山の海沿いの絶壁には、小型の特攻艇「震洋」を隠すため、地元住民が動員されて掘られた岩穴がいくつも見られます。
韓国ドラマ「チャングムの誓い」のロケ地になったことでも知られるそうで、観光客で賑わい、大型バス駐車場や土産物屋も建っていました。
もっとも、ぼくは韓国ドラマを全然見ていないので、同行の大阪大学Kさんに「あんなに流行ったのに、何で見てないんですか!」と叱られてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

松岳山の近くにあるアルトゥル飛行場は、旧日本軍によって整備され、長崎の大村海軍航空隊に替えて、南京など中国大陸空爆の拠点となった飛行場。
現在、滑走路は農地となっていますが、零戦を格納するコンクリート造りの掩体壕〔bunker)は20カ所が現存し、点在しています。一度にこれほど多くの掩体壕を見るとは思っていなかったので、とても驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します

壕内には、2015年に設置されたという現代美術の展示もいくつかありましたが、あまり効果的とは思えず、むしろ何もないままの方が良かったかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

この地は、「済州島4.3事件」の現場でもあります。
共産主義の容疑をかけられて「予備拘束」されていた罪のない地元住民252人が、1950年8月に旧日本軍弾薬庫で集団虐殺され、証拠隠滅のため遺品も焼かれ、遺骨の区別もないまま秘密裏に埋葬されました。
1956年に遺骨は発掘されましたが、識別できない132の遺体は「百祖一孫」(犠牲者の遺族は皆同じ子孫)として集められ、慰霊碑が建てられたそうです。

しかし、1961年に軍事クーデターが起こると、慰霊碑は破壊され、墓も奪われました。そのため遺族は沈黙を強いられ、真相究明・名誉回復は2015年まで待たなければならなかったとのこと。現在は虐殺の跡地に、犠牲者の名を刻んだモニュメントが建てられ、遺骨が埋められた二ヶ所の穴が復元されています。

クリックすると元のサイズで表示します

アジア・太平洋戦争から朝鮮戦争へ。日本にも深く関わりのある不条理の歴史に翻弄された済州島の傷跡を見てまわり、明日はいよいよ済州大学にてシンポジウム。
場所の力に圧倒されつつ、でも発表の前に見ておいて良かったと思いました。

     *     *     *

クリックすると元のサイズで表示します

帰りに立ち寄った済州現代美術館は高吉千(コ・ギルチョン)展を開催中。
済州島を拠点に、政治や歴史、環境などの社会問題を継続的に美術で表現してきた作家の回顧展です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

彼の重要な主題である「4.3事件」はもちろん、トランプ政権に対する風刺や、渡り鳥の飛来地を調査して環境問題を考える作品などが、3つのフロアにわたって展示されていて、とても見応えがありました。とはいえハングルが読めないので情報が限られ、社会的な文脈もよくわからないので、現代美術を理解するのはなかなか難しかったです。
高吉千展の図録がなかったのは残念でした。
帰ったら韓国美術研究者の古川美佳さんにいろいろ聞いてみようと思います。
0

2018/11/20

【済州島出張初日】済州道立美術館・山地川ギャラリー  調査・旅行・出張

済州島出張初日。
大阪大学のKさんとともに、迎えに来て下さった済州大学C先生のお連れ合いKさんに案内されて、済州道立美術館と山地川(サンジチョン)ギャラリーをまわりました。

クリックすると元のサイズで表示します

9年前に開館したという新しくて立派な道立美術館は、コレクション展を開催中。
ミュージアムショップで宋英玉生誕100年展の図録を見つけて購入しようとしたら「この図録は無料で差し上げます」と言われました。ありがたいことです。


クリックすると元のサイズで表示します

済州島の中心部、港の近くにある山地川ギャラリーは、写真家Hong Jeong Pyoによる、かつての済州島の農村や漁村の人びとの暮らしを記録した写真展。Kさんは農村部の出身なので、昔の済州の様子を詳しく話してくださいました。漁村の写真には、海女が写っているものがいくつもありました。ここでも写真集を無料でいただいてしまいました。
0

2018/11/18

広島にて丸木美術館企画「いのちを観る いのちを歌う」開催報告  イベント

広島平和記念資料館東館地下メモリアルホールで開催した丸木美術館主催企画「いのちを観る いのちを歌う」。おかげさまで200人を超える盛況となりました。
ご来場下さった皆さま、どうもありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年、埼玉会館で行った企画に引き続き、司会は俳優・語り手の岡崎弥保さん。
舞台の転換時に挿入される《原爆の図》の絵解きの朗読も担当してくださいました。

この企画は、昨年、映画監督の高畑勲さんが《原爆の図》について語ってくださったことをさらに広げ、深めていきたいと考えたところからはじまりました。
そのため、イベントは二階堂和美さんの歌からはじまる、というイメージをずっと持ち続けていたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

「蝉にたくして」、「一本の鉛筆」、「伝える花」、そして「いのちの記憶」。
高畑監督の最後の作品「かぐや姫のものがたり」の主題歌になった「いのちの記憶」は、二階堂さんと高畑さんが作り上げた曲です。
広島の、それも平和記念資料館に響いたこの歌は、亡き高畑さんへの追悼であると同時に、《原爆の図》の世界にもつながっていくようにも感じられました。

クリックすると元のサイズで表示します

歌の余韻の残る中でスタートした奈良美智さんと蔵屋美香さんの対談は、直前にお二人が広島市現代美術館の展示をご覧になっていたこともあって、美術史的な蓄積を持った丸木位里、赤松俊子(丸木俊)という二人の芸術家が、原爆という重要な主題と出会い、絵画という手法を用いて、生々しい現実を普遍化させていったことの意味が語られました。

クリックすると元のサイズで表示します

はじめに奈良さんは、2000年頃に丸木美術館を訪れて、初めて《原爆の図》を観たときの感想を話してくださいました。
「絵画言語というか、どのように表現しようとしているかが怒濤のごとく襲ってきた。すごいドキュメンタリー映画を続けざまに見たような感じだった」
戦争の映画や手記は数多くありますが、《原爆の図》はそれとは違った、と奈良さんは感じられたそうです。
「《原爆の図》は、大きなテーマとは別に、美術としての取り組みが、極めて真摯に、情熱を持って行われていた。高畑さんが言ってたことは、たぶんそういうことじゃないか」

クリックすると元のサイズで表示します

印象的だったのは、奈良さんが《原爆の図》について、打ち合わせの段階から、たびたび「絵画なのに彫刻的」と表現し、「塊(マッス)」という言葉を使っていたこと。
「大きな赤や黒の塊と白い地で構成されている《原爆の図》が重さを感じないのは、地面が描かれていないからで、浮遊している。この絵画には、物理的な重さではなく、心の中にドンと来るような精神的な重さがある」というのです。
その話を受けて蔵屋さんは、「奈良さんも地平線のない作品が多いですね」と指摘されました。
丸木夫妻と奈良さんという、一見まったく異なる画家の思わぬ共通点が浮かび上がってくる、興味深いやりとりでした。

奈良さんは、「絵の持つ力が、原爆以前と以後ではまったく違う。以前はうまいな、という絵だったのが、原爆を経験した後では精神的な筆圧が変わって、大きなものが立ち上がっている」と語りました。
「ヤップ島の女の人たちを塊で捉える絵はうまいなと思いましたが、同時に、画家の、これ面白いでしょ、という意識も感じられた。そういう技術を十分磨いた人が《原爆の図》という最適なテーマを与えられて、ただうまいとか面白いとかとは別の方向の使命を見いだしていったんですね」と蔵屋さんも頷きます。

クリックすると元のサイズで表示します

「描くよろこびだけではない、苦しみながら大きなテーマを描くことで人間的にも成長していく。震災や津波や原爆や空襲に人が出会ったとき、その苦しみを違うものに変える力が引き出されることってあるんですね。画家も歌手も、被災地に行くボランティアも。それは大きい小さいじゃなくて……」
奈良さんは、遠藤ミチロウさんを例に挙げながら、そんなことも語りました。

「この絵を観ると、広島だけじゃなくて、東日本大震災とか、阪神大震災とか、自分が経験したいろいろな厄災を想うわけです。広島をストレートに、あるがままに表現していたら、それは難しかったと思います。この作品が“美術の言葉”を使って、より抽象的に普遍化しているので、想像を広げる余地がある。直接経験していない人に伝えるには、美術や音楽といった別のかたちに変換して、みんなが想像しやすい場所を作ることが重要なのかなと思います」と蔵屋さん。
広島の、それも平和記念資料館という場所で、このような問題提起が行われたことは、案外、重要ではないかと話を聞きながら思いました。

「いい小説や詩は、簡単に言えるような言葉を使わない。違う言葉でハッと伝わるような作り方をしている。《原爆の図》も、それと似ている」
対話の中で繰り返し語られた「塊(マッス)」や、抑制された色彩も、《原爆の図》の表現の工夫だと奈良さんは指摘します。
蔵屋さんも、色を白黒にするだけで、すでに違う世界へ一段階寄せている、と言い、「描かれている人たちが裸であることも、とても重要だと思いました。もちろん、衣服が焼かれた現実を反映していると思うのですが、裸にすると時代や場所が特定されず、人類普遍の姿として誰もが自分の経験を重ねられる」と付け加えました。

《原爆の図》を“美術の言葉”で語ることは、ともすると被爆体験の伝達の問題とは相容れないと思われてしまうのですが、そうではなくて、“芸術”という手段を用いたからこそ、個々の体験を普遍化させて伝えることができたのだと、あらためて考えさせられる対話でした。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に奈良さんは、広島市現代美術館のコレクション展に展示中の自作《Missing in Action -Girl meets Boy-》についても、語って下さいました。

「無垢な子どもの片方の目が、赤地に白くなっているんです。それは、原爆がピカッと光った瞬間を見ているから。広島市現代美術館から、『広島に関する絵をお願いできませんか』って言われて、たいていそういう話は断るんです。無理して描こうと思わなきゃ描けないものは、断った方が気が楽だと思って。ところがそのときだけは、すごく描ける気がして、描いたのがその絵なんです。僕は原爆について、ほんとに少ししか知らない。ならば、爆発して、まだ体が焼ける前、まだ普段の生活がそのままだった一瞬を描こうと思って。だから、目には映っているけど、顔もきれいだし、体も焼けてない。それくらいしか、リアルにできないかなと。その後のことは僕はやっぱり、描けないという気がしました」

「今日、アメリカのアレックス・カッツとチャック・クロースの間に僕の絵が挟まれていて、いつもだったら、こんな有名人の間で恥ずかしいって思うんだけど、今日は、そこに自分の作品があることがすごく誇らしくて。あんまりそこにいたら飛び上がってしまいそうだったから、すぐ離れたんですけど。描いてよかったなと、心から思ったことってあんまりない。いつも、次、次、次、とやってきて。でも、今回広島に来て、丸木夫妻の展示を見てから、自分の絵を発見したときに、ここでこの流れを見るために俺は生きてきたのかな、ってちょっと思った(笑)」

見事な締めの言葉に、会場は大いに沸きました。
奈良さん、蔵屋さん、そして二階堂さん、本当にありがとうございました。皆さんからいただいた大切な言葉や歌を、また、次の企画につなげていきたいと思っています。

なお、この対談の内容は、2019年1月発行の『丸木美術館ニュース』に、抄録として掲載する予定です。
1

2018/11/14

広島企画「いのちを観る、いのちを歌う」  イベント

先日、那須のN's YARDへ行き、奈良美智さんと対談の打ち合わせをしてきました。
11月18日に広島平和記念資料館東館地下メモリアルホールで開催する丸木美術館企画「いのちを観る、いのちを歌う」。いよいよ間近に迫ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

奈良美智さんと蔵屋美香さんの対談「いま、原爆の図をどう観るか」、そして二階堂和美さんのトークと歌。
とても楽しみで、夜更けに予習をして気持ちを高めています。

ここ数日、反響が広がっていますが、まだ前売予約は可能です。
お問い合わせは丸木美術館まで。エディオン広島本店プレイガイドでも発売中です。
0

2018/11/12

前進座「ちひろ」公演  館外展・関連企画

練馬文化センターにて前進座の舞台「ちひろ―私、絵と結婚するの―」初日を鑑賞。
いわさきちひろ生誕100年企画で、ちひろが舞台化されるのは初めてとのこと。演出が鵜山仁さんということからも、その力の入れようが伝わってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

敗戦翌年に松本から単身上京して新聞社を訪ね、画家夫妻(劇中では丸山夫妻)のもとに世話になり、やがて弁護士志望の青年(劇中では橋本善明)と出会って恋に落ち、紙芝居「お母さんの話」で文部大臣賞を受賞するまでの物語。
丸木俊が準主役級、というか、脚本を手がけた朱海青さんによれば「ちひろより台詞が多いくらいです」とのことで、事前に役者の方たちが丸木美術館に来てくださり、脚本も読ませていただきました。

丸木俊をモデルにした登場人物を舞台で観たことは、これまでにも何度かあるのですが、皆それぞれ違う役者さんなのに、俊の言葉を語ると、どこかリアリティが生まれて「丸木俊」に見えてくるのが面白いところ。
今回、浜名実貴さん演じる丸山俊子は、威勢が良くてアトリエ村の女親分のような存在。有田佳代さん演じる可憐なちひろに「一本の線に責任を持ちなさい」と時に厳しく叱咤しつつ、温かく見守る姿が格好良かったです。

前進座からお誘いを受けて、会場で販売しているパンフレットにも寄稿させていただきました。
「ちひろと俊と「前衛」の夢」と題して、二人の前衛美術会時代に焦点を当てた内容です。
初期の前衛美術会は、年1回の東京都美術館を会場に行う展覧会とは別に、銀座・天元画廊で「街頭展」を隔月開催していました。それを逐一報じていたのが『東京民報』で、おそらくは俊の主導でしょうが、素描や油彩、生活美術などの小品展が企画されていたことがわかります。そして、1947年11月の第3回街頭展では、後にちひろの出世作となる紙芝居「お母さんの話」が出品されているのです。

この紙芝居は、1950年に日本紙芝居幻灯株式会社(現在の童心社)から発行されたのですが、正確な制作年は特定されていなかったとのこと。
最近は忙しさにかまけて、なかなか新しいことが書けずにいたのですが、ささやかながら従来の資料を補完する仕事ができて、少し肩の荷が下りた思いです。

前衛美術展に紙芝居とは意外な気がするものの、社会変革の前衛を目指した会の目的・事業には、「児童美術研究」も含まれていました。試みは必ずしも成功したとは言えず、程なく俊もちひろも会を離れていくのですが、二人の中でその志は生き続けて、それぞれの豊かな仕事へと結実していったのでしょう。今回の舞台では、そんな未来の予兆も感じさせる、二人の画家の心の交流が印象的でした。

舞台はこれから、12月25日まで東日本各地を巡回するそうです。
2

2018/10/20

加茂昂展トーク・川延安直さん(福島県立博物館)  企画展

福島県立博物館の川延安直さんをゲストにお迎えして、加茂昂展トーク。
水俣の隣町つなぎ美術館の学芸員や研究者の方も来場してくださり、観客も交えながら、水俣や福島を想像力でどのようにつなげていくかという議論が進みました。

クリックすると元のサイズで表示します

これまで、「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト」で水俣ともかかわりを持ち続けてきた川延さんが、「水俣は凄いよね。考えに考え、考え続けている人たちだから」とおっしゃっていたことが印象的でした。

あるいは水俣だけでなく、広島や長崎、沖縄にも、それぞれの思想が生まれ、鍛えられてきた歴史があり、これからの福島にも生まれてくるのかもしれません。共通する普遍的な思想と、個別固有の思想。それは、深い悲しみや苦しみと引き換えによってしか、生まれてこないものなのか。
埼玉という、広島でも長崎でも沖縄でも水俣でも福島でもない場所で、しかし、それらを「身近」に感じたような気でいる美術館の学芸員としては、考えこんでしまいます。

そして、滞在制作という限られた期間の中で、画家が感じ、すくいとってきたものの意味は何なのか。若い世代ならではの、色鮮やかなグラフィック的な表現からは、きっとこぼれ落ちているものがあるのだろうし、しかし、その一方で、だからこそ、これまでとは異なる想像力の可能性を開くかもしれない。
加茂さんにとっては、この展覧会の後に何をするかが、大切になってくるのでしょう。

お忙しい中、わざわざ福島から駆けつけて下さり、貴重なお話を聞かせて下さった川延さん、どうもありがとうございました。
0

2018/10/18

急遽!アーサー・ビナード×加茂昂対談  企画展

午後3時からは、企画展開催中の加茂昂さんとアーサー・ビナードさんの緊急対談。
平日開催にもかかわらず、30人ほどの熱心なファンが集まって下さいました。

クリックすると元のサイズで表示します

広島や水俣、福島を表現することについて、そして模写という行為を通して得たものについて、アーサーさんの鋭く厳しい質問に、加茂さんが言葉を探しながら懸命に答えている姿が印象的でした。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は加茂さんの方からも、紙芝居を制作中のアーサーさんに、逆質問。一度できあがった表現を、再び解体して表現することの意味について、アーサーさんも丁寧に答えていました。

クリックすると元のサイズで表示します

こうした機会を通して、丸木美術館で個展を行った表現者に、新たな展開が見えてくることがあれば、本当に嬉しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

火照った頭と体をクールダウンするように、閉館後も加茂さんは、いつまでも帰らずに、玄関ロビーで友人たちと話し込んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

展覧会はまだまだ続きます。20日(土)は福島県立博物館の川延さんをゲストにお招きして、トークイベントを行います。
1

2018/10/18

アーサー・ビナードさん紙芝居完成間近  来客・取材

朝から詩人のアーサー・ビナードさんと童心社の編集担当Nさん一行が来館。「原爆の図」を再構成した紙芝居の制作に取り組んでいるアーサーさんに進行状況を伺い、新たに必要となった「原爆の図」の部分撮影も行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

紙芝居は実演が一番。ということで、実際に「原爆の図」の前で、Nさん、アーサーさん、岡村、そして著作権継承者のH子さんが順番に実演しました。

2014年11月に初めて実演を見たときには『やわらかいはだ』というタイトルだった紙芝居は、『ちっちゃなこえ』に変わり、主人公も女の子から黒猫へ。
最初にNさんの実演を観終わったとき、感覚的に、ああ、ようやくできあがったんだな、と感じました。作者が作品を手放すときが近づいているんだな、と。

実際に自分で演じてみても、とても読みやすかったです。物語にすんなり入っていける。
それは、今までの試行段階では、一度も味わったことのない感覚でした。

もっとも、長年アーサーさん担当を務めてきたNさんは、まだわかりません、作品は、できあがるまでは何が起こるかわかりません、と冷静な姿勢を崩しませんでしたが。

クリックすると元のサイズで表示します

紙芝居実演終了後には、広島のテレビ局のインタビューを受けました。

クリックすると元のサイズで表示します

最後の写真は、1950年代に「原爆の図」を入れて運んだ木箱を手に取り、「紙芝居は巡回展と同じだよ!」とよろこぶアーサーさん。

これから、ひとつふたつの小さな波乱はあるかもしれませんが、2019年には、新作紙芝居『ちっちゃなこえ』発売、のニュースをお届けできることでしょう(と私は信じます)。
ご期待下さい。
0

2018/10/10

TOKYO ART RESEARCH LABO「めぐりめぐる記憶のかたち」  講演・発表

夕方、人生で初めて秋葉原駅で下車して(とモデレーターの佐藤李青さんに話したら、ゲスト紹介のネタにされてしまった)、3331 Arts Chiyodaへ。廃校になった中学校の跡地を文化芸術施設として活用していることは、もちろん以前から聞き知っていたけれど、実際に訪れるのはこちらも初めて。

クリックすると元のサイズで表示します

TOKYO ART RESEARCH LABのディスカッション企画の第1回「めぐりめぐる記憶のかたち」。記録集『はな子のいる風景』(武蔵野市立吉祥寺美術館、2017年)を手がけたNPO法人remoメンバー/AHA!世話人の松本篤さんとご一緒しました。

クリックすると元のサイズで表示します

私の発表は、丸木夫妻の仕事を伝えるという、よくある「定型」の依頼ではなかったことと、若い世代を中心にした実験の場であるという場所性も考えて、あえて〈記憶〉をめぐる、ふだんは話さないような問題意識を挑発的に盛り込んでみました。それが個人的には、楽しかった(聞く側にとって、どうであったかはわかりませんが)。刺激的な機会を提供してくださった李青さんに感謝です。

松本篤さんの報告は、井の頭公園の象のはな子を結節点に、遠心的に広がる人びとの記憶を、「象を通して人を見る/人を通して象を見る」という往還するイメージでつなげていく作業について。それは、《原爆の図》の求心的なイメージの喚起力とは、ある意味では対照的であるようにも思えて、とても興味深く聞きました。ちなみに「イメージ」は日本語で「図像」。「今日は原爆の“図”と、“象”のはな子の話です」というのが李青さんの企画の動機?だったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

変容しながら広がる「追体験」の記憶、という点では、1950年代に有効だった巡回展という「成功体験」をそのまま模倣するのでなく、2010年代の現在に必要とされる新しい手法を考えることが必要である、と自ら問題提起をしたのですが、ディスカッションのおかげで、近年、若い世代の人たちが丸木美術館でさまざまな表現や発表の活動をしていることも、そのひとつの答えなのではないかと気づくことができました。
丸木夫妻の死後、作品保存の問題を考えると、かつてのように《原爆の図》を巡回させることは簡単にはできません。しかし、今は夫妻が残した《原爆の図》のための美術館があり、「3.11」後には新しい世代の作家たちがこの美術館を発表の場として使いたいと考えるようになっています。
そうした企画が行われることによって、《原爆の図》を知らない世代の客層がこの美術館に足を運び、丸木夫妻の仕事を再発見して「追体験」の機会を得る。作家たちもまた、丸木夫妻の遺した仕事と対峙することで、有形無形に「記憶」を自身の内に立ち上げていく。
今春に個展を開催した風間サチコさんが、《原爆の図》を観て「自分が直感的に酷いと思ったそのままの姿を描きとめておくことも、ひとつの方法なのだと素直に思った」(『美術手帖』2018年8月号インタヴューより)と語るように、それぞれの仕事の中に《原爆の図》の精髄が注ぎ込まれていく。
もちろん、それだけが今の時代の《原爆の図》の役割ではないのだけど、近年活発になっている(そして現在も開催希望が入ってくる)企画展の意味を、あらためて考える機会になりました。丸木美術館を“通過した”皆さんには、これからもどんどん幅広く活躍していただきたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

追記。そんなことを考えていると、ちょうど翌日、久しぶりに、2013年に個展を開催した遠藤一郎くんが丸木美術館に立ち寄ってくれました。
「未来へ」号の前での立ち話は、遠藤くんの近況や開催中の「加茂昂展」から、一昨日のディスカッションのことに。「ここで展覧会をする作家は、みんなそのことをわかっている」と遠藤くん。
「この美術館の重要性や、企画展のことを、あちこちで伝えてきますよ」と言い残して、「未来へ」号は再び旅立って行ったのでした。
遠藤くん、どうもありがとう。
0

2018/10/8

【会津出張おまけ】瀧神社・三石神社  調査・旅行・出張

奥会津フィールドワーク報告おまけ。
只見町に泊まった朝は、早起きをしたので一人で旅館を抜け出し、只見駅近くの瀧神社から三石神社へ。

クリックすると元のサイズで表示します

只見川の反乱に苦しんだ享保年間の熊野神社の神職が、熊野の戦神スサノオでは水害に効き目がないと水神・瀬織津姫命を祀ったのが瀧神社とのこと。ダムだらけの今を瀬織津姫はどう思っているのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

瀧神社の裏の細い散策路を歩いて行くと、次第に山へ入っていき、三石神社へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山中にある三つの巨岩が磐座というのがいいですね。
平安末期、奥州藤原氏討伐の功によりこの地を源頼朝から授かった山内経俊が、夢枕に立った神霊のお告げを受けてこの地に導かれたという。五穀豊穰、家内安全、生業繁栄、開運招福。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山の上から見渡す町の風景がとても良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

道なりに山を下りると只見スキー場の方へ抜けていき、朝食の時間に遅刻してしまいました。
ご心配をおかけしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/10/8

【会津出張2日目】金山町・上田ダム/昭和村「渡し舟」  調査・旅行・出張

ライフミュージアムネットワークのフィールドワークは、只見駅前の旅館で一泊し、さらに続きます。
午前中は金山(かねやま)町で、「村の肖像」プロジェクトに取り組んでいる写真家の榎本千賀子さんのお話を聞きました。
https://sites.google.com/site/chikakoenomoto/home/project/kaneyama_project

高齢化と人口減の続く地域で、暮らしや労働、民俗行事、そしてダム建設をはじめとした社会の変化を地元の人びとが撮影した写真・映像を収集し、撮影者や年代、場所などの基礎データを整理し、貴重な文化遺産として保管・活用していこうという試みです。
それは、町民自身の視点によって町の歴史を伝える資料であり、文字化されていない記憶を探る手がかりにもなる、と榎本さんは言います。
もちろん、限られた場面の、地域の人が「残したい」と思った記録である(見せたくない、見せられないものは出てこない、と言っていたのが印象的でした)ことには注意が必要ですが、多くの目で歴史を語り伝える手段として、とても興味深い活動です。
それらの写真を地域の人たちで見ながら、呼び起こされた記憶の聞き取りをするワークショップも行っているとのこと。
個人的には《原爆の図》など惨禍の記憶を伝える絵画や、失われゆく炭鉱の家族アルバムを収集した上野英信の『写真万葉録 筑豊』といった事例も想起しながら、「自己表現」の芸術や目に見えやすい町おこしの「アートイベント」だけではない表現の可能性を考えていました。
榎本さんがこうしたプロジェクトに取り組むことになったきっかけは、角田勝之助という金山町の人びとを撮り続けた地元のアマチュア写真家の存在が大きかったそうです。参考までに、こちらが榎本さんの論文。
http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/27836/1/nab_4_13-16.pdf

クリックすると元のサイズで表示します

榎本さんのお話を聞いた後は、1952-54年建設の上田(うわだ)ダムへ。
榎本さんによれば、敗戦直後にダム建設用地の視察のためアメリカ軍が訪れ(1945年のうちに来たと語る人もいるとのこと)、子どもたちは歓迎のために動員されたそうです。占領下、米兵の姿を目の当たりにした大人たちは、ダム建設反対どころではなかったかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

白洲次郎が東北電力初代会長としてダム建設に関わったため、右岸には「建設に盡力したみなさん これは諸君の熱と力の 永遠の記念碑だ」と白洲が記した石碑が建っています。

クリックすると元のサイズで表示します

ダムを渡った左岸には、建設工事で命を落とした10名の名が刻まれた慰霊碑もありました。
榎本さんによれば、その10名に地元住民の名はないとのこと。ダム建設に際しては、男女を問わず地元の人たちが優先的に雇用されましたが、危険な労働にはまわされなかったそうです。地元の人が亡くなることで、反対運動が激しくなることを恐れたのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

また、集落の水没・移住だけではなく、外部から稼ぎに来た人との結婚や、現金収入を得た経験が若者の流出を加速させるなど、ダム完成後の人口減といった問題も生じたようです。
ダム建設には、軽犯罪・保釈間際の囚人たちも動員されており、1941-46年建設の宮下ダム(三島町)には朝鮮人徴用工が働き、1952-54年建設の本名(ほんな)ダム(金山町)竣工後には、日本人妻も含めた朝鮮人労働者の家族の多くが帰国事業で北朝鮮へ渡っていった話なども、時代を反映しているようで興味深く聞きました。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は、上田ダムを撮影する榎本さん。自身も地域の写真を撮り続けています。

* * * * *

午後は昭和村へ移動し、地域の伝統工芸からむし織の後継者を育成する「織姫制度」を体験して村に定住した渡辺悦子さんと舟木由貴子さんの、不定期オープンの店「渡し舟ーわたしふねー」でお話を伺いました。

クリックすると元のサイズで表示します

からむし、と呼ばれる植物から生まれる織物は、武士の裃などの材料に使われ、古くから雪深い昭和村の貴重な生産品として、山向こうの新潟に出荷されていました。
しかし、やはり高齢化と人口減によって、からむし織も廃れ、20数年前に技術継承のための「織姫」と呼ばれる体験生制度がはじまったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

外部から村にやってきた体験生の存在は、当初は決して村の人たちに理解されたわけではなかったようですが、からむし織に真摯に取り組む「織姫」たちの姿勢が少しずつ認知され、「織姫」たちも畑や織仕事を通して村の暮らしの良さを学び、やがて村の人と結婚して定住する「織姫」も現れるようになったとのこと。
渡辺さんと舟木さんも子どもを育てながら、からむし布を使った小物の生産販売や裁縫ワークショップ、昭和村の今を伝えるお話会を村の内外で開催しているそうです。
とはいえ、からむし織だけで生計を立てることは難しい、と二人は言います。その現実は「織姫」の後輩たちにも必ず伝えています、と。

今回のライフミュージアムネットワークのフィールドワークでは、(私は参加できませんでしたが)土曜日の初日に三島町の生活工芸館も訪れていました。
宮下ダム建設中の大好況と完成後の人口減に翻弄された過去を持つ三島町は、外部の力による町おこしに頼らず、古くから伝わる編み組細工などの生活工芸に力を入れるようになった、という報告を聞きました。ダム建設と無縁だった昭和村の取り組みも、そんな三島町の選択と似ているのかもしれません。
だからといって現実は厳しく、決して人口減が解消されるわけではありません。地域の緩やかな衰退が止まるわけでもありません。
それでも、この地域でしかできないことを継承し、記憶を伝え続けるという真っ当な姿勢の意味を、考えずにはいられませんでした。
そして、これから日本全体が人口減に向かっていく中で、大幅な入館者増が見込めるわけではない丸木美術館が、どのような道を歩むべきかということも、考えずにはいられませんでした。

昭和村の帰り道には、柳津町の斎藤清美術館にも立ち寄りました。
https://www.town.yanaizu.fukushima.jp/bijutsu/
現代的な木版画で国際的に評価された斎藤清の個人美術館で、かつては斎藤清の作品のみを展示していましたが、入館者減に悩み、現在は美術大学とのコラボレーションなどの企画も行なっているそうです。
こちらも少し丸木美術館の状況に似ていますが、歴史を継承しつつ、何ができるかを考え続けることが必要なのですね。

決して馴染みがあるわけではない、というより、正直に言えば、地名を聞いても位置関係さえよくわからないほど不慣れであるにもかかわらず、丁寧に説明しながら多くの場所を案内し、人を紹介してくださった福島県立博物館の皆さんには、本当に感謝。とても考えることの多いフィールドワークでした。
0

2018/10/7

【会津出張初日】田子倉ダム・ふるさと館田子倉など  調査・旅行・出張

広島市現代美術館で足立さんの講演を聴いた後は、台風の進路と重なるように福島へ移動。
広島では強風で新幹線が止まっていると聞いたので、駅まで行って動かなかったら諦めよう・・・と思っていたのですが、広島始発の臨時列車にうまく乗れ、それでもダイヤは大幅に乱れていたので、東京駅で東北新幹線の最終列車に間に合わなければ家に帰ろう・・・と覚悟していたところ、辛うじて間に合い、郡山で一泊。
今朝は磐越西線で会津へ向かったものの、途中強風で列車が停まり、ようやく動き出したと思ったら、架線に枝が引っかかって撤去作業。今度こそ半分諦めて、会津若松で待つライフミュージアムネットワークの皆さんには、先にフィールドワークへ行っていただくようお願いしたのですが、結局、2時間遅れで列車は会津若松駅に到着しました。
駅ではネットワークの事務局をつとめる福島県立博物館の学芸員の二人が待っていてくださり、只見町の田子倉ダムでその他のメンバーと合流すべく、車で急ぎました。

クリックすると元のサイズで表示します

学芸員の皆さんの尽力にもかかわらず、残念ながら最後はわずか10分ほど間に合わず、発電所内部の見学ツアーに参加することはできなかったものの、全国屈指の規模を持つダムのスケールを体感し、その後は、田子倉ダムの直下流で放流水量を調節する只見ダムと、J-POWER(電源開発株式会社)の只見展示館を見学。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さらに、田子倉ダム建設の際に湖底に沈んだ旧田子倉集落の記憶を伝える資料館「ふるさと館田子倉」や、「ただみ・ブナと川のミュージアム」も見て回りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

只見町は、冬には4-5mを超える積雪量となる厳しい環境でありながら、ブナを中心にした豊かな自然が残り、古くから農林業や採取、狩猟、漁撈(ツキノワグマやサクラマスなどが獲物だったそうです)をなりわいとする暮らしが営まれていました。
しかし、1959年に首都圏に電力を供給する水力発電ダム建設のため、旧田子倉集落は湖の底に沈みました。当時の集落には50戸290人が暮らしており、移転交渉の難航や反対運動が社会問題として注目されたそうです。
「ふるさと館田子倉」には、皆川文弥・弥親子が個人で収集展示していた、ダム水没前の暮らしを伝える狩猟や漁撈の用具を中心とした資料が残されています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ダム建設反対運動を記録した写真には、「金は一時 土は万年の宝」「魚は水に生き 農民は土によって生きる」といった貼紙も見られました。
つい先ほど見たばかりの静かな湖面の底に存在していた集落の全景写真には、しばらく目を奪われました。1950年代はじめの撮影とのこと、すでにダム計画が決まっていて、空撮をしたのでしょう。写真からは、そこに暮らしがあったという生々しい空気感が立ち上がってきます。

田子倉ダムは、総工費約348億円、建設に携わった人員延べ約300万人という大事業。絶景で知られるJR只見線も、もとは田子倉ダム建設のために敷設されたそうです。
田子倉発電所は、一般水力発電所として日本有数の規模となる(建設当時は日本最大だった)認可出力38万kWを有しています。
その送電線(只見幹線)が、現在私が住んでいる埼玉県川越市や生まれ育った東京の多摩地域を経由して、町田市まで繋がっているということを、恥ずかしながら初めて知りました。宮崎駿監督のアニメ映画『となりのトトロ』で猫バスが疾走する送電線も、只見幹線のようです。
自分が生まれてから現在にいたるまでずっと使い続けてきた電力が、この場所から送られていたとは。原発事故だけではなく、福島のエネルギー供給と自分たちの生活が密接に関わっていることを、あらためて考えました。
この機会に、小山いと子『ダム・サイト』や城山三郎『黄金郷』、曽野綾子『無名碑』など、田子倉ダムを舞台にした文学作品も読んでみようと思います(『ダム・サイト』はかなり入手困難のようですが)。
0

2018/10/6

広島市現代美術館・新しい骨董  調査・旅行・出張

少し前のことになりますが、広島市現代美術館「丸木位里・俊ー《原爆の図》をよむ」展の初日に、ファッションブランド「途中でやめる」主宰の山下陽光くんに、彼らの企画である「新しい骨董」の展示の案内をしていただいたのでした。
「“新しい骨董”とでもいうべき何か」を探求する実験企画を体感するためには、展示を見るだけではなく、一見無価値と思われる〈モノ〉に、〈意味〉をつけることで価格がついた(それもチープな)ミュージアムグッズを購入し、「コレクター」になるべきだろうと思ったのですが、初日の慌ただしさの中で機会を逸してしまったことが心残りでした。

ところが今回、すでに展示は終了していたにもかかわらず、なぜかミュージアムショップでは「新しい骨董」の販売が続いていたので、一見きれいな、しかし何に使うのかよくわからないガラスの装飾具?を、赤と緑の2種類購入しました。
店員さんに声をかけると、立派な陳列ケースから恭しく商品を取り出し、「新しい骨董 NEW ANTIQUE」と手書きされた(それもチープな)袋に、丁寧に入れて下さいました。
これで、自分もささやかながら「新しい骨董」のムーヴメントに参加したような気分になったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

すると、近くで一部始終を見ていた欧米系と思われる外国人観光客の女性が興味を持ったようで、店員さんに英語で「あれは何か?」と質問したようでした。
一見きれいだし、ちょっと〈価値〉がありそうに見えなくもないし(本当は無価値だけど)。
振り返ると、店員さんがうまく説明できずに困っていたので、何だか、いい光景を見てしまったな、と思いました。
一瞬の出来事で、観光客の方もすぐに「ああ、いいわ」というふうに引き下がってしまったのですが、やっぱり自分も説明責任を果たすべきではなかったかと、少しばかり後悔しました。
しかし時すでに遅し。きっとこれからも、「新しい骨董」のコレクションを見るたびに、この日のエピソードとも言えないような中途半端な記憶が、ほろ苦さとともに蘇ることになるのでしょう。
0

2018/10/6

広島市現代美術館・足立元講演「「原爆の図」の片隅に」  館外展・関連企画

広島市現代美術館の地下ホールで、足立元さんの講演「「原爆の図」の片隅に」を聴講。
モノ(絵画)としての《原爆の図》と、メディア(運動)としての「原爆の図」という表記の区分けを提唱した上で、メディアとしての「原爆の図」を、@プロレタリア芸術運動史の視点から、A同時代のアヴァンギャルド(主に日本美術会、前衛美術会)との対比によって、再考するものでした。

クリックすると元のサイズで表示します

「モニュメント」「複製芸術」「共同制作」「移動展」「メディアミックス」といったプロレタリア芸術運動の(多くの場合、果たせずに挫折していく)「夢」を、「たった二人の画家」がことごとく成功させてしまった理由を、足立さんは《原爆の図》という絵の強度を前提にしつつ、「革命へのファンタジー」か「無数の死者への想像力」か――つまり「イデオロギーよりアイデンティティ」――という言葉を使って、現在と結びつけながら考えます。

そして、もっぱら俊の平易な文章と多弁の力が大きかったのですが、「原爆の図」は言葉を重視する展示・鑑賞・教育の新しい社会運動のシステムを構築し、「同時代の他のアヴァンギャルド芸術を吹っ飛ばした」というのです。

いち早く「美術」の枠を脱していく活動は、前衛美術会の仲間から(やっかみとも思えるような)批判を受けたこともあり、丸木夫妻は《原爆の図》発表後、早々に前衛美術会を退会します。しかし、結果的には批判した画家たちも「原爆の図」を追いかけるような形で、「美術」という枠を超えていくことになるのです。

もちろん、「原爆の図」の勢いも決して長続きするものではありませんでした(占領下〜占領集結・原爆表現解禁の1950年代前半がひとつのピークと言えます)が、その後も「美術」を逸脱するがゆえに何度も否定され、そのたびに「呼び戻されてきた」状況について、足立さんは「モノ」としての強さ以上に、周囲のすべてを社会化する特別な価値が「原爆の図」にある、と結論づけていました。

絵画として《原爆の図》を読みなおす今回の広島市現代美術館の企画展も、「原爆の図」の運動の一部であることを逃れられないのではないか。私たちは《原爆の図》を見ているようで、すでに「原爆の図」の歴史の一部になっているーーつまり、私たちひとりひとりが「原爆の図」の片隅にいる、というのが、某漫画を引用した講演タイトルの種明かしでした。

それは、「原爆の図」の片隅で日々を過ごしている学芸員にとっては、納得のできる話でした。
《原爆の図》という絵画の「受容史」を調査していたはずの仕事が、いつのまにか「社会運動史」として評価される(足立さんにもそう紹介されました)宿命を、実感してきたからです。

ほかにも私の未見だった資料(1952年12月『海員』の「誌上封切映画物語」ー映画『原爆の図』記事、1950年6月『三田文学』八代修次「原爆の図を見て」、1951年9月『交替詩派』原啓「原爆の図展覧会を見て」など)の紹介や、岡本太郎・敏子との対比など、興味深い部分はいくつもありました。

今回の講演の内容は、次回1月発行の『丸木美術館ニュース』で、あらためて足立さんに報告していただきたいと考えています。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ