2007/9/14

映画『ヒロシマナガサキ』と企画委員会  その他

午前中に企画委員会の準備を終えて、午後は神保町の岩波ホールで映画『ヒロシマナガサキ』(原題“WHITE LIGHT/BLACK RAIN : The Destruction of Hiroshima and Nagasaki” 2007年 スティーブン・オカザキ監督)を観ました。
広島、長崎の原爆投下について、14人の被爆者と爆撃に関与した4人のアメリカ人の証言をもとに、記録映像や資料を交えながら、丁寧に描き出していくドキュメンタリー映画です。
上映開始直前に飛び込んだのですが、客席は思いのほかいっぱいで、上映中にはあちこちからすすり泣く声も聞こえました。
描かれた事実の重みを胸に受け止めて(受け止めきれないやるせなさを抱えながら)、夕方からは池袋に移動して企画委員会に参加。
H館長やM企画委員長を中心に、来年度の企画展の内容を討議しました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ