2007/8/20

原爆の図軸装版複製画  作品・資料

現在貸出中の原爆の図第1部《幽霊》に代わって展示中の軸装版複製画《幽霊》。
布製で原寸大の大きさの複製画です。
今年7月に完成し、丸木美術館では初展示となります。

クリックすると元のサイズで表示します

1950年代に日本国内や世界各国で巡回展示された当時、原爆の図の連作は、この複製画のように軸仕立てになっていました。クルクルと巻いてしまえば一人でも持ち運ぶことができ、移動展示に適した形態だったと言われています。
今回の複製版は、その当時の原爆の図を再現したという意味でも貴重な資料。
実際、美術館には当時《原爆の図》を入れていたという木箱も現存していますが、確かに屏風よりは携帯に便利ですが、長さ90cmの軸8本を一人で持つのは、やはりちょっと大変。
そして、8本の軸の高さを揃えてきれいに展示するのも難しかったです。
やっぱり、屏風の方が重いけど展示するのは楽かな、とか、実際に体験してみないと気付かないことも結構あります。
ともあれ貴重な軸装版の複製画、8月下旬まで展示しています。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ