2007/6/19

子どものための丸木スマ展「スマおばあちゃんの夏休み」  企画展

クリックすると元のサイズで表示します

7月7日(土)−9月8日(土)
午前9時−午後5時 月曜休館(祝日の場合は翌平日、7月18日−9月2日は無休)
原爆の図丸木美術館企画展示室

丸木スマ(1875-1956)は、丸木俊と共に夫婦共同制作《原爆の図》を描いた丸木位里の母親で、70歳を過ぎて絵を描きはじめた画家です。
広島の山村で生まれ育ち、その生涯の多くを野山で働きながら過ごした彼女は、晩年の数年間に、生命力にあふれる色鮮やかで自由奔放な絵を700点以上も残しました。
身近な犬や猫、魚、ニワトリ、草花、農作業の風景など、スマの絵は失われつつある日本の原風景を思い出させ、見ていると元気が湧いてくるような伸び伸びとした作品です。
今回の企画展は、夏休みに合わせて、スマの伸びやかな絵を子どもたちや家族連れに楽しんでもらうために企画しました。
会期中には「子どものためのギャラリートーク」も開催。子どもたちが実際に展覧会に参加できるような仕掛けも用意しています。

★子どものためのギャラリートーク
 「スマおばあちゃんの見た自然」
 8月12日(日)午後2時 参加自由(当日の入館券が必要です)
 茨城県自然博物館解説員・神田成美、原爆の図丸木美術館学芸員・岡村幸宣
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ