2007/1/14

企画展展示替え  ボランティア

今日は展示替えの日。ボランティアに地元東松山市のKさん、Dさん、都留文科大学のKさん、都立高校生Tくんが来てくれました。
皆さんよく働いてくれて、「旅を描く 丸木位里・丸木俊作品展」の出品作品を撤去し、次回の「廃品復活展」に向けて企画展示室を空っぽにしました。ついでに丸木スマ展示室の作品をすべて展示替えし、17日(水)に集荷のある「藤沢市30日美術館」の出品作の準備も済ませました。

夏に学芸員実習を行った都留文科大学のKさんは、卒業研究で丸木俊を取り上げ、今日は「『原爆の図』と女性観 −丸木俊の使命−」と題する論文を持参してくれました。
まだすべて目を通してはいないのですが、頑張り屋のKさんのことなので、一生懸命に調べて書いてくれたことでしょう。
この論文は、丸木美術館の図書室兼休憩室「小高文庫」にて保存させてもらいます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ