2005/8/15

8月14日(日)  分類なし

【今日の入館者】223人(招待1人)

盛況が続く
個人的には8月に入って初めての休日。家族三人で川越の市営プールに遊びに行く。1歳を過ぎたばかりの息子は、果敢に幼児プールに突撃し、何度も水没。
この日の有料入館者数は昨日を上回る222人。被爆60年と丸木美術館の存続危機のニュースが重なって、多くの方が来館してくれている。親子連れも多く、美術館の感想ノートの書き込みも目立つ。

感想ノートより@
小学3年の子供の宿題で作文とあったので、私が子供の頃に親に買ってもらった「ヒロシマのピカ」を読ませることにしました。
そんな時、8月6日の新聞で丸木美術館の事を知り、さっそく出かける事になり、今日家族5人で来ました。子供にはまだピンとこないみたいでしたが、何か感じてくれたのではないかと思います。今度は子供達が大きくなったらまた来たいと思います。今日は来てよかった・・・
最近、学校に脅迫状が届き、親としてとても心配です!
心から安心できる世の中になるよう祈ります。

感想ノートよりA
久しぶりの家族でのお出掛けDayです。日々忙しく過している母です。仕事も家のことも・・・
今、「生きている」ということを考えます。先日「火垂の墓」を見て、泣きました。きっともし自分の子供達だったらと考えたのか「かわいそう」と思ったのか泣けました。それは、自分の事ではなく、他人事だから・・・ きっと、ずるく、嫌な人間なのです。また忙しい日々が始まれば、忘れてしまう感情、想いなのかもしれませんが、大事にしていかなければ。「生きている」ということの本当の意味が知りたい。(伝えたい想いが文章にならないのでここで失礼します。)

感想ノートよりB
家族3人で来ました。私は10代の頃広島に行き、原爆ドームも見てきましたし、同じ10代の中高生が平和について強い信念を持って活動している姿も見てきました。しかし、その後平和について何か行動をおこすこともなく20年が過ぎ、ただ嬉しいことは下の子が平和について色々と興味を持ちはじめてくれた事です。
今日は2人で話をしてここまで来ました。一度は見ておきたいと思った絵にこんなに近くで会えるとは思いませんでした。子供がきっかけをくれた今日の事は、きっと忘れる事は出来ないでしょう。そして、様々に変化する世界の中で、平和である事がどれだけ大切かを再び学んでいきたいと強く思いました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ