2006/6/17

ホタルの里のキャンドルナイト  ワークショップ

クリックすると元のサイズで表示します
▲ホタルの里の竹やぶにて 市と共同開催のイベント

今日は東松山市と共同開催の「ホタルの里のキャンドルナイト」の日。夏至の日に電気を消してろうそくで夜を過ごそうという静かなイベントです。丸木美術館周辺の唐子地区を「ホタルの里」として環境を守ろうという市の環境保全課の呼びかけで、昨年に続いて2回目の開催となりました。天候が心配されたのですが、梅雨の合間を縫うようにして、運よく好天に恵まれました。
午後2時から総勢50人ほどが参加(うち半数は小学生)し、不動の滝近くの竹やぶから切り出した竹(半年ほど寝かせて乾燥させたもの)を輪切りにして、キャンドルスタンドと小物入れを作りました。昼間は陽射しが強くて湿度も上がり、みんな汗だくになっていました。子どもたちは、川越のMさんグループが持ってきたマジックペンで、輪切りにした竹に色を塗る作業に熱中していた様子です。
午後4時頃にはいったん解散。夜7時過ぎからキャンドルに灯をともし、ミニコンサートが行われました。ぼくは天気予報が雨とのことで先に帰宅し、美術館からはN事務局長が1人で夜の部に参加しました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ