2018/12/26

【長岡出張2日目】長岡オープンディスカッション  調査・旅行・出張

長岡震災アーカイブセンターきおくみらいにて、オープンディスカッション「中越から福島へ 福島から中越へ」。

ふくしま連携復興支援センターの天野和彦さんの基調講演「被災地の学びを全国へ」に続いて、長岡造形大学の平井邦彦さんと山の暮らし再生機構の山口壽道さんから、中越大震災の復興ビジョンや災害メモリアル拠点構想の形成過程について詳しく報告を伺いました。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、天野さんがモデレーターを務めて、全体でディスカッション。
天野さんは、以前、富岡町の生活復興支援センター(おだがいさまセンター)の責任者をされており、2013年4月に原爆文学研究会で福島フィールドワークをしたとき、郡山でお話を伺っていたのでした。思わぬところで、思わぬ再会です。

そのときも天野さんは話術の巧みな方だと思ったのですが、モデレーターとして、まったく遠慮も妥協もせずに、問題の本質に深く切り込む発言を促しつつ、全体のバランスをとって議論を進めていく力量に驚かされました。

私は中越でも福島でもない立場なので、静かに話を聞かせていただこうと思って座っていたのに、天野さんにそそのかされて、何度か発言をしてしまいました。それがどれだけ役に立てたのかはわかりませんが、緊張感のある刺激的なディスカッションであったと思います。

「人災」と「天災」、体験者と非体験者の語り、そもそもミュージアムの存在意義や使命とは何か、ミュージアムは人を変えることができるか、変えられるとしたら、どういう人に育ってほしいか、どんな価値をもって欲しいか。
さまざまな考える材料をもらいつつ、議論は場所や日を変えながら、まだまだ続いていくことになりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食でいただいた多菜田の山古志弁当が、とても美味でした。ごちそうさまでした。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ