2018/11/25

小原一真展作家トーク  特別企画

午後2時から、特別展示「小原一真写真展 Exposure/ Everlasting」の作家トーク。
大阪から駆けつけた小原さんのトークは、「写真の力が揺らいだ時代の表現とは何か?」という刺激的な内容でした。

写真展は、「決定的瞬間」だけでは読み取れない問題の本質を、多層的な時間、記憶の中から可視化しようという試み。
忘却の闇の中にぽつりぽつりと浮かび上がる記憶の灯火のようなライトボックスを使った展示は、40uほどの小空間を見事に生かしたものでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フォト・ジャーナリズムというジャンルに収まりきれない表現は、既存の枠を揺さぶり、逆説的に、フォト・ジャーナリズムの新しい可能性を感じさせます。
今後の活躍を、大いに期待したいと思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ