2018/10/8

【会津出張おまけ】瀧神社・三石神社  調査・旅行・出張

奥会津フィールドワーク報告おまけ。
只見町に泊まった朝は、早起きをしたので一人で旅館を抜け出し、只見駅近くの瀧神社から三石神社へ。

クリックすると元のサイズで表示します

只見川の反乱に苦しんだ享保年間の熊野神社の神職が、熊野の戦神スサノオでは水害に効き目がないと水神・瀬織津姫命を祀ったのが瀧神社とのこと。ダムだらけの今を瀬織津姫はどう思っているのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

瀧神社の裏の細い散策路を歩いて行くと、次第に山へ入っていき、三石神社へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山中にある三つの巨岩が磐座というのがいいですね。
平安末期、奥州藤原氏討伐の功によりこの地を源頼朝から授かった山内経俊が、夢枕に立った神霊のお告げを受けてこの地に導かれたという。五穀豊穰、家内安全、生業繁栄、開運招福。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

山の上から見渡す町の風景がとても良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

道なりに山を下りると只見スキー場の方へ抜けていき、朝食の時間に遅刻してしまいました。
ご心配をおかけしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ