2018/3/4

石川真生「大琉球写真絵巻」最終日も大盛況!  企画展

石川真生展「大琉球写真絵巻」最終日もまた、約400人が来館する大盛況となりました。
ギャラリートークでは、またしても会場から人があふれました。

クリックすると元のサイズで表示します

記録的な盛況は、この作品が極めてタイムリーなメッセージ性を持っていること、それ故に「ヤマト」での展覧会開催が困難であることが大きな理由であると思われます。
感想ノートを見ると、来場者は北海道から九州まで、非常に広域にわたっていることがわかります。

「丸木美術館でしか開催できない」ことが、営業的には良かったにせよ、社会的に良いことかどうかは、悩ましいところです。ともあれ、写真集などのグッズも多く売れ、わざわざ沖縄から来てくださった石川真生さんに、どうやら当初の予定以上の御礼ができそうで、安心しました。
会期中、ご来場くださった多くの方々に、心より御礼を申し上げます。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は、石川真生さん、映画監督のジャン・ユンカーマンさんと。
よく気のつくボランティアのSくんが撮影してくれました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ