2017/5/26

丸木俊油彩画《レニングラードホテル》寄贈  作品・資料

本日、丸木美術館に寄贈された丸木俊の油彩画小品。

クリックすると元のサイズで表示します

タイトル、制作年とも未詳でしたが、俊の水彩スケッチの中に、まったく同じ構図の作品がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

日付は1959年7月3日、「私たちの泊まったレニングラードスカヤホテル」と記されています。

今回寄贈された油彩画は、戦中に治安維持法容疑で捕まり獄死した野呂栄太郎の未婚の妻で、戦後は医者となった塩澤富美子の旧蔵品。
その知人の知人からの寄贈なので、詳しい経緯はわかりませんが、色彩のきれいな、とても良い作品です。

この頃、俊は油彩画の厚塗りを試みはじめていました。
油彩画の正確な制作年は不明ですが、おそらく帰国後、1959年からそれほど時間が経っていない頃だと推測されます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ