2017/4/7

「原爆の図保存基金」へのご協力のお願い  分類なし

クリックすると元のサイズで表示します

2017年5月、原爆の図丸木美術館は開館50周年を迎えます。
美術館の核となる《原爆の図》は、近年、ますます歴史的・社会的な意味が大きくなり、美術史的な視点からも20世紀を代表する絵画作品として、国内外で高く評価されつつあります。
一方で、丸木美術館は、建物の老朽化や、展示室・収蔵庫の温湿度管理および紫外線・虫害・塵埃対策の未整備などの現実的な問題に直面しています。
将来的に《原爆の図》は、人類の普遍的な財産として、重要文化財や世界遺産に選ばれる可能性もあるでしょう。
しかし、すでに画面上には虫食いなどの深刻な被害が表れ、このままの状態では作品の保存に支障が出ることは間違いありません。
そこで、50周年という節目を期に、「原爆の図保存基金」を立ち上げることにしました。

◎作品保存管理のできる新館の建設

基金は具体的に、ふたつの計画を考えています。
ひとつは、《原爆の図》保存展示のための新館建築です。
現在の美術館の東側敷地内に、温湿度管理・虫害塵埃対策の可能な100u程度の展示室と、都幾川を展望できる休憩スペース、地下収蔵庫と美術輸送車用の搬出口を備えた建物を建設します。
完成後は、《原爆の図》14点のうち3、4点ずつを、新しい展示室で、年4回程度の展示替えを行いながら、期間限定で順番に公開します。
また、現在ある建物の展示室では、《原爆の図》14点の原寸大複製屏風を作成し、これまで同様に常設展示していきます。

◎資料整理・保存と公開の充実

ふたつめは、丸木夫妻関係資料の整理・保存、つまりアーカイブの整備です。
現在も、丸木夫妻に関する新聞・雑誌掲載誌や発行物、書簡などの資料収集を進めていますが、広く一般に公開できるだけの整理やデジタル化の作業まではできていません。
絵画作品とともに、その制作の背景や受容の歴史などの資料を未来に残すことは、作品理解を深めるために重要です。将来的には、インターネット・アーカイブの確立や、ウェブサイトの多言語化・海外発信の充実を目ざします。

◎未来に歴史をつなぐために

こうした目的を達成するため、「原爆の図保存基金」は、目標金額を5億円に設定しました。
丸木美術館にとっては、かつて例がないほどの大規模な募金活動となります。けれども、避けて通ることのできない試みです。
この美術館は、行政や企業の資本に頼ることなく、ひとりひとりの市民の力に支えられて、50年という長い歳月を生き続けてきました。これからも、《原爆の図》を中心に、自由で自立した活動のできる美術館として、次の50年に歴史をつないでいきたいと願っています。
どうぞ、ご理解の上、皆さまのお力をお貸しください。よろしくお願いいたします。

       公益財団法人原爆の図丸木美術館

【郵便振替口座】
口座名称:原爆の図保存基金
口座番号記号:00260‐6‐138290
※他行等からのお振込の場合は、店番029 当座預金 口座番号0138290


寄付金額は任意となりますが、1万円以上寄付された方には記念誌をお送りいたします。10万円以上寄付された方のお名前は、新館に掲示いたします(希望制)。
この寄付は寄付金控除の対象となります。遺贈・相続財産のご寄付も受けつけています。
詳しいお問い合わせは、原爆の図丸木美術館(0493-22-3266)まで。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ