2016/12/19

研究・資料室  その他

子どもたちが大きくなってきたので、ここ10日ほど小さな借家の中を抜本的に片づけて、当面必要なさそうな本や雑誌も大量に処分しました。
これまで本の置き場になっていた3階の屋根裏は息子の個室に、2階の洋室の机は娘が使うことになって、私は「難民」状態に(とはいえ、一番家にいない人が一番場所をとるわけにはいきません)。

それでも、いろいろな方から貴重な原爆・戦争関連書籍のコレクションを頂いたり、美術関係の図録や書籍を頂くなど、資料は増え続ける一方なので、思い切って美術館の2階の一室を整理して、研究・資料室として使わせてもらうことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

この日は休館日でしたが、たまたま仕事が休みだった妻に手伝ってもらって、一日がかりで床材の張り替えと新しい机・椅子の組み立て、棚の掃除と整理。部屋は別空間のようになりました。

もちろん、これまで通り1階の事務室には机を残しているので、通常業務は事務室で行いますが、集中したい原稿書きや調べもののときは2階で仕事をすることになります。応接室も兼ねているので、取材や来訪された方とお話しするのも、これからは2階が多くなるでしょう。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ