2016/4/27

一橋大学「平和と文化」講義  講演・発表

午前中に国立市の一橋大学へ。

クリックすると元のサイズで表示します

鵜飼哲先生の授業「平和と文化」で、1950年代の《原爆の図》巡回展についての講義をしました。
去年のアメリカ展の報告も最後に少しばかり。
この授業は、350人ほどの受講生のいる人気授業らしく、今日は、もちろん全員が出席していないにもかかわらず、椅子に座りきれずに立ち見が出るほど。授業の後に感想カードをひと通り読ませてもらいましたが「教室変えて欲しい」と書いている学生がいて、それはそうだなと、ちょっと笑ってしまいました。

少し意外だったのは、「原爆については知っているつもりだったが、絵があるというのは知らなかった」という感想が案外多かったこと。
講義の前に「原爆の図を知っていますか?」と質問したところ、挙手したのはわずか数人でした。
昨年のアメリカ展などで、あれほどメディアに取り上げてもらったのに、若い世代には、その情報がほとんど届いていなかったという事実に、軽い衝撃を受けました。
それは、私たちの呼びかけが、いかに本来《原爆の図》に理解のある世代などに偏っていたかを示しているのかもしれません。

学生たちは講義や映像には強い関心を寄せてくれたようで、「丸木美術館に行ってみたい」という感想もかなりありました。
国立からはそんなに遠くないので、みなさん、本当に絵を見に来て下さいね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ