2016/4/15

『毎日新聞』コラム「布施広の地球議」  掲載雑誌・新聞

2016年4月15日付『毎日新聞』朝刊コラム「布施広の地球議」に《原爆の図》が紹介されました。

クリックすると元のサイズで表示します

記事全文はこちらから読むことができます。
http://mainichi.jp/articles/20160415/ddm/007/070/039000c

広島で行われたG7外相会合にあわせて、広島平和記念資料館と《原爆の図》を結びつけて考えるコラムです。

=====

 丸木美術館の学芸員、岡村幸宣さん(41)の話が印象深かった。彼が会った米国人の映画監督はこう語ったという。広島や長崎の資料館などを見て回ったが、人間の顔が抜け落ちていると感じた。「原爆の図」を目にした時、初めて被爆者の顔を見たように思った、と。

 同感である。遺品などは確かに貴重だが、資料の羅列だけでは現実を語れない。丸木夫妻は、人間がしたことを人間として受け止め、人間の感性と知性を通して、惨状を芸術の域に昇華させた。だから絵の前に立つ人々は、画家の表現力と自分の想像力を両翼として、71年前の世界に羽ばたけるのだと思う。


=====

このように私の話を紹介して下さっていますが、その「米国人の映画監督」とは、ジャン・ユンカーマンさん。丸木夫妻の記録映画『劫火―ヒロシマからの旅』を製作・監督し、アカデミー賞にもノミネートされた監督です。

わざわざ美術館に足を運んで下さった編集委員の布施広さんに、心より御礼を申し上げます。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ