2015/12/26

《原爆の図》の帰還  館外展・関連企画

半年に及ぶ米国巡回展を終えて、ようやく《原爆の図》が丸木美術館に戻ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

午前中からボランティアの方々が展示替え作業を手伝って下さり、《原爆の図》の展示スペースを空けて待っていました。
午後1時、トラックが到着。

クリックすると元のサイズで表示します

木箱から作品を取りだし、慎重に屏風を広げていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

海を渡った幽霊さんたちが棲み処に帰ってきて、空間が落ち着いて見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

傷もなく、無事に帰ってきて、まずはひと安心。

クリックすると元のサイズで表示します

栃木県立美術館に貸出していた第4部《虹》の返却は年明け1月15日。
そこでようやく全14作品がそろいます。
3月上旬にはピースあいちで「原爆の図」展がはじまりますが、それまでの1か月半は全作品を見ることができます。

2016年は貸出依頼が多く、全点展示はこの期間のみです。
寒さの厳しい時期ですが、ぜひご覧になって下さい。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ