2015/7/31

神宮寺「命の伝承」展《アウシュビッツの図》展示  館外展・関連企画

長野県松本市浅間温泉の神宮寺は、丸木夫妻が1988年に描いた88枚の襖絵・板戸絵があることで知られています。
チェルノブイリや福島原発事故などの問題に精力的に取り組む高橋卓志住職の活動も素晴らしく、毎年夏には「命の伝承」展として、ここ20年ほど、ずっと《原爆の図》を展示され続けてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

本堂の襖絵には現代の十六羅漢として、丸木夫妻自身や高橋住職夫妻らの姿も描き込まれています。非常にユニークな面白いお寺です。

クリックすると元のサイズで表示します

午前10時から神宮寺のアバロホールに《アウシュビッツの図》を搬入。

クリックすると元のサイズで表示します

16mの壁画をどう展示するのか興味深いところですが、舞台上にはあらかじめ半円状に木枠が設営されていて、そこに一枚ずつ壁画を展示していくのです。

クリックすると元のサイズで表示します

絵が8枚に分割されているのを逆に生かして、平面ではなく、舞台装置のように半円状に展示するというアイディアが素晴らしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

事前の計算もぴったりで、イメージ通りに展示完了。
凄い空間ができあがりました。

クリックすると元のサイズで表示します

絵の前に立つと、《アウシュビッツの図》の大画面に囲まれるようで、丸木美術館の展示とはまったく違う絵のように見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

展示期間が8月1日〜9日と短いのがちょっと残念。

会期中の8月2日には、アウシュビッツの国際青少年交流の家のユーディット・ヘーネさんの講演や高橋住職との対談、辻幹雄さん(11弦ギター)、おおたか静流さん(歌)、渋谷毅さん(ピアノ)の追悼コンサートも予定されているそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

昼休みには神宮寺の近くの蕎麦屋さん「かどや」で蕎麦を食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

店内には、筑紫哲也さんや小澤征爾さんの色紙とともに丸木夫妻のサインも。
1988年、神宮寺に長期滞在して襖絵を描いていたときに立ち寄られたようです。

展示を終えて、夕方の新幹線で埼玉に帰着。明日は朝から広島出張。
戦後70年の夏が、いよいよ本格的に熱くなってきました。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ