2013/8/18

「はだしのゲン」、開架に  書籍

今日も美術館の入館者は135人。6日連続で100人を超えました。
暑いなか、多くの方にご来場頂き、本当に感謝です。

今日は午前中に、少し前に寄贈されたまま、多忙にかまけて閉架状態になっていた中沢啓治の漫画『はだしのゲン』(汐文社版)の第5巻〜第10巻をダンボール箱の中から引っ張り出し、以前から公開していた第1巻〜第4巻とあわせて、全10巻を、来館者が自由に閲覧できる開架図書(小高文庫)の目立つところにならべました。

クリックすると元のサイズで表示します

松江市の「はだしのゲン」閉架要請問題については、ネット署名としては「極めて異例」の2日間で6,000人もの署名が集まっているそうです。
http://www.asahi.com/culture/update/0818/OSK201308180082.html?fb_action_ids=501881596557590&fb_action_types=og.recommends&fb_source=hovercard

この問題については、いろいろ思うところもあるのですが、ともあれ、原爆文学研究会などでたいへんお世話になっている広島大学の川口隆行さんが昨年12月に記された中沢啓治さんへの追悼記事(中国新聞)をぜひ、お読みください。
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=20121227102416241_ja
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ