2013/4/13

遠藤一郎ライブペイント  イベント

午後2時を過ぎた頃、丸木美術館に遠藤一郎くんの運転する「未来へ」号が姿を現しました。

クリックすると元のサイズで表示します

現在開催中の企画展「遠藤一郎展 ART for LIVE 生命の道」も残すところあと2日。
今日は遠藤くんの公開ライブペイントが行われるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

美術館の前で「未来へ」号を待ちうける人、「未来へ」号に乗って東京からやってきた人。
人びとが見守るなかで、遠藤くんは車を降り、企画展示室へと向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します

物理学者の佐治晴夫さんも、「未来へ」号に乗って美術館においで下さいました。
遠藤くんがライブペイントの準備をしているあいだ、佐治さんは館内をまわり、《原爆の図》や遠藤くんの展示を見て下さいました。
「ゴーギャンの絵画《われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか》のように、《原爆の図》にも過去・現在・未来の時間の流れが描かれているのが興味深いですね」と佐治さん。

クリックすると元のサイズで表示します

会場では、いよいよライブペイントの準備ができたようです。
和紙を貼り合わせ、床いっぱいに広げた大画面に、裸足で向き合った遠藤くん。
壁面の作品に描かれた赤い太陽に呼応するような黒い太陽を、一気に描きあげていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ、10mを超える大画面。
画面の上を走り、腰を曲げて、絵筆を動かしていくのも大仕事です。
静かな展示室に、遠藤くんの荒い呼吸の音が響きわたります。

クリックすると元のサイズで表示します

赤い絵の具で描いた文字は「泣 笑」。
大地と空のあいだの生命が、泣き、笑いながら続いていくという意味のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

春とはいえ、観客にとってはやや肌寒さも感じる日。
しかし、激しく動きまわる遠藤くんの身体からは、汗がしたたり落ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

絵筆を置いた遠藤くんは、黒い太陽の上に立ち、足の裏に絵具をつけて、そのまま、歩き出しました。画面の上に拡散される黒い足あと。

クリックすると元のサイズで表示します

この世界すべてが“家族”であり、人びとは泣き、笑いながら“生命の道”をつなげていくという遠藤くんのまっすぐなメッセージ。

クリックすると元のサイズで表示します

四方の壁、そして床も含めて、遠藤くんの展示空間ができあがりました。
「ART for LIFE 生命の道」の完成の瞬間です。
最後は佐治さんがピアノでバッハの平均律クラーヴィア曲集第一番を演奏。遠藤くんの作品空間と響きあいながら根源的な世界観を表現しているようでした。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ