2018/6/23

1950年代幻灯上映会「平和特集」  イベント

毎年恒例の丸木美術館1950年代幻灯上映会。
今年は「平和特集」ということで、生誕100年を迎えた鈴木賢二が手がけた幻灯2本を含めた3本立てのプログラムでした。
企画・作品解説は、おなじみ気鋭の映像研究者・鷲谷花さん。
いつも興味深い企画をありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

以下、鷲谷さんによる概説と作品解説です。

【概説】

1952年4月のサンフランシスコ講和条約発効後に本格的に高揚した反戦・平和運動において、映画よりも携帯性が高く操作の簡単なうえに、スクリーンに鮮明な映像を大きく映し出せる幻灯(スライド)は、使い勝手の良い映像メディアとして広く活用されました。イラストレーション、写真、人形劇、影絵など、さまざまな手法を駆使した反戦・平和幻灯が作られていますが、今回は北関東造型版画運動の中心となった版画家・彫刻家の鈴木賢二が作画した影絵幻灯2点と、ベルトルト・ブレヒトの写真詩集『戦争案内』の幻灯版を、岡崎弥保さんの朗読により、オリジナルフィルムと幻灯機を用いて上映します。

【上映作品解説】

クリックすると元のサイズで表示します
『インディラ物語 象トンキーの死』(1952年)
製作:日本幻灯文化株式会社
作:スズキケンジ(鈴木賢二)
フィルム提供:神戸映画資料館
1943年に上野動物園で殺処分された象の実話に基づく影絵幻灯。同じ実話を基にした創作としては、1951年初出の土家由岐雄の童話『かわいそうなぞう』が名高いが、実際の上野動物園の象の殺処分は、連合軍による日本本土空襲が本格化するより以前の出来事だったにもかかわらず、空襲下の出来事であるかのように物語られる時系列のずれは、『かわいそうなぞう』と本作とに共通している。一方、戦時中の殺処分以来、象が不在だった上野動物園に、1949年9月にインドから贈られた象インディラが、殺されたトンキーの物語を、当時を知る飼育係のおじさんから聞かされるという枠物語は本作のオリジナルであり、上野動物園へのインディラの贈呈が、戦争の犠牲となった象たちの記憶が掘り起こされるきっかけとなったことを伺わせる。

クリックすると元のサイズで表示します
『ヒロシマの子供たち』(1952年?)
製作:日本教職員組合
絵・文:スズキケンジ
フィルム提供:神戸映画資料館
幼時に被爆した少年の原爆症による死を物語りつつ、反戦を訴える影絵幻灯。一般には火傷の瘢痕を指す「ケロイド」の語が、独自の解釈で用いられていることなど、正確な事実に即しているとは言いがたい描写も含まれる。『原爆の図』や絵本『ピカドン』の影響が伺われる構図が散見されるほか、ラストシーンは清水宏監督『蜂の巣の子供たち』(1948年)に類似しており、同時代の原爆に関するさまざまな情報・表現の再利用から成り立つ作品ともいえる。

クリックすると元のサイズで表示します
『戦争案内』
原作:ベルトルト・ブレヒト
編集:関西幻灯センター 古志峻・田窪清秀・高原宏平
製作:日本幻灯文化株式会社
版権所有:ドイツ民主共和国ベルリン オイレン・シュピーゲル社
フィルム提供:神戸映画資料館
ベルトルト・ブレヒトによる、第二次世界大戦時の新聞・雑誌報道写真の切り抜きを集め、それぞれに短詩を付した写真詩集『戦争案内 KRIEGFIBEL』(1955)の幻灯版。翻訳・編集は関西国民文化会議「ドイツ・グループ」のメンバーが担当した。『戦争案内』の日本語による紹介としては、本作が最初の試みであるといえるが、オリジナルの写真詩集から、約半数にあたる38コマを抜粋して再構成したダイジェスト版となっている。

※本プログラムはJSPS科研費18K02022「近現代日本の社会運動組織による「スクリーンのメディア」活用の歴史・地域的展開」(研究代表者:鷲谷花)の助成による
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kikaku/2018/20180623magic_lantern_leafret.pdf

今回の朗読は、絵本『ひろしまのピカ』などの朗読でおなじみ、俳優・語り手の岡崎弥保さんにお願いしました。
安定感のある澄んだ朗読は、幻灯上映の魅力をいっそう引き出していました。
ご来場くださった皆様に、心より御礼申し上げます。

1

2018/6/19

TOKYO ART BEATに風間サチコ展レヴュー掲載  掲載雑誌・新聞

Excavating Concealed Truth Sachiko Kazama’s “Dyslympia 2680”
 ―In Reviews by Jong Pairez 2018-06-19 TOKYO ART BEAT

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.en/2018/06/excavating-concealed-truth.html
0

2018/6/9

風間サチコ×安冨歩対談  企画展

風間サチコ展の特別対談は、「女性装の大学教授」安冨歩さんをお迎えして大盛況でした。
ご来場下さった皆様、どうもありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

お二人はこの日が初対面ということで、会話がかみあうかどうか少々心配していたのですが、対談前の打ち合わせから和やかに話が盛り上がり、安心しました。

クリックすると元のサイズで表示します

安冨さんご自身が描かれた雨の出陣学徒壮行会の油彩画を持ち込んだり、最後は会場じゅうをまきこんで即興演奏会が行われたりと、何が起こるかわからないスリリングな展開も、終わってみれば楽しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

展覧会は7月8日まで。撮影はOさん、ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/6/9

特別展示 丸木ひさ子絵本原画展  特別企画

6月9日(土)から9月9日(日)まで、丸木俊の姪で絵本作家の丸木ひさ子さんの絵本『てっちゃんのたんじょうび』(初版1994年、福音館書店)の復刊を記念して、2階アートスペースにて絵本原画展を開催します。
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kikaku/2018/hisako_leafret.pdf

クリックすると元のサイズで表示します

ひさ子さんの故郷(そして丸木俊の故郷でもある)北海道秩父別の小さな寺を舞台にしたかわいらしい絵本。
1960年代の北海道の豊かな農村の暮らしを伝える、小さな「民俗誌」でもあります。

7月21日(土)午後2時15分からは、作家トークを行います(参加自由、入館料別途)。
0

2018/6/7

『中國新聞』寄稿「高畑勲さんと「原爆の図」」  執筆原稿

『中國新聞』文化部Dさんのお誘いで、高畑勲さんと「原爆の図」について寄稿しました。
「考えは深めたい」……高畑さんの宿題を、これからも考え続けていきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

高畑勲さんと「原爆の図」―画中の「真実」見極める情熱
 ―2018年6月7日『中國新聞』

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=83049
0

2018/6/1

Ring Bong第8回公演「ふたたびの日は何色に咲く」  他館企画など

座・高円寺にて、山谷典子さんの主宰する演劇ユニットRing Bongの第8回公演「ふたたびの日は何色に咲く」。
市川房枝、平塚らいてう、原阿佐緒をモデルにした三人の「新しい女」のそれぞれの生き方を、大正デモクラシーから戦争に向かっていく時代の変化とともに描いた力作。

クリックすると元のサイズで表示します

彼女の脚本では珍しく現代の場面が登場しませんが、性差別や現政権の問題などを浮かび上がらせる今日的な作品になっていました。
第8回公演ということは、山谷さんとお会いして8年目になるということですが、彼女は最初から、自分が何を表現したいかという軸を持っていたんだなとあらためて思いました。

回を重ねるうちに、劇場が大きくなって、メディアにも取り上げられるようになって、大勢の観客が集まるようになってきたけれど、彼女自身も着実に表現力を積み上げていって、毎回、作品が良くなっていると感じます。それは決して簡単なことではなく、彼女の資質と努力と周囲の支えの賜物なのでしょう。
今年もまた舞台に引き込まれ、観終わった後、自分もしっかり仕事をしていこうと励まされたような気持ちになって、劇場を後にしました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ