2017/6/6

川越市霞ヶ関北小学校にて出張授業  講演・発表

今日は午前中に地元の川越市立霞ヶ関北小学校で出張授業。
川越市立西図書館、伊勢原公民館との複合施設として2002年に建てられたという現代的な校舎で、公民館の視聴覚室を使って6年生3クラスの「平和学習」を行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

テーマは原爆ということで、丸木夫妻の映像なども見せながら、爆心地で何があったのかを伝えられないことの難しさや、それでもなお私たちが72年前の惨禍を学ぶことの意味について、3時間目と4時間目を使ってお話したのですが、子どもたちの反応がとてもよくて、質問にもすぐに答えが返ってくるので、楽しく話すことができました。

偶然、3月まで別の小学校で息子の担任をされていた先生が、4月からこちらの小学校に転任されていて、思わぬところでお会いするという驚きもありました。

ともあれ、地元の子どもたちに《原爆の図》の存在を知ってもらえるというのは、本当にありがたい機会です。

午後は丸木美術館に戻って、今度は高校の生徒団体160人ほどを相手に、絵の前で館内説明。
6月は毎年、学校見学の多い季節です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ