2017/3/26

シンポジウム「沖縄の情報は本当に伝えられていないのか」報告  イベント

午後3時からシンポジウム「沖縄の情報は本当に伝えられていないのか」(共催:早稲田大学メディアシティズンシップ研究所)を開催。

クリックすると元のサイズで表示します

あいにくの雨にもかかわらず、駐車場は満車、会場も満席。
ご来場いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲストスピーカーの伊藤守さん(メディア研究/早稲田大学教授)、津田大介さん(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)、毛利嘉孝さん(社会学/東京芸術大学教授)は、統計データをもとに、それぞれの視点から、ネットメディアの台頭による沖縄報道の「反動」(「ニュース女子」などのフェイクニュースの問題)について分析して下さいました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、新垣毅さん(琉球新報社東京報道部長)は、沖縄メディアの代表として、東京と沖縄のあいだの「溝」―両論併記の「中立」報道が「本質」を遠ざける問題について語って下さいました。
「人は真実には迫れないが、本質を探求することはできる」という言葉が心に残っています。
また、「現在の沖縄の問題を考える上で、沖縄戦という歴史の記憶から出発している点が、この展覧会は素晴らしい」とコメントして下さったことも、重要だったと思いました。つまり、その悲惨な歴史を共有する(しようと試みる)かどうかで、現実に映る景色も違って見えてくるということです。それこそが、「溝」を考える鍵なのかもしれません。

モデレーターの木村奈緒さん、キュレーターの居原田遥さん、出品作家の川田淳くん、嘉手苅志朗くんもお疲れさまでした。
ゲストスピーカーの発表後、討議の時間があまりなかったのが少々残念。
こうした企画展は、会期中にもっと多くディスカッションの機会を設けてもよかったのかもしれません。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ