2017/1/24

富山妙子展作品返却  調査・旅行・出張

富山妙子展、無事に作品返却が完了しました。
合わせて、久しぶりに富山さんにお会いしたいという本橋成一さんとポレポレスタッフOさんを富山さん宅にお連れしました。

かつて、筑豊から上野英信が上京するたびにお供をして池袋の富山さん宅を訪れていたという本橋さん。お二人の時間はたちまちさかのぼり、本橋さんがまるで青年のように見えたひと時でした。
実は、お二人ともかつては丸木美術館に深くかかわり、事情があって一度は距離を置かれた方たちだったのです。
時が流れて、もう一度こうして丸木美術館との「もやい直し」のような機会ができたことは、本当に嬉しく思います。

最後の別れ際、本橋さんたちが先にエレベータで下に降りている間に、富山さんから「これでやっと胸のつかえがとれました、ありがとう」と言われて、ちょっと胸が熱くなりました。

今年に入ってずっと喉の痛みを引きずっていたけれど、ようやく少し体調が上向いてきたようです。
0

2017/1/24

2月の講演予定  講演・発表

ミュンヘンから無事に帰国しました。
氷点下のミュンヘンと寒風厳しい東松山、どちらがより寒いかは微妙なところですね。

さて、2月の講演のお知らせです。
2月3日(金)午後6時半からは、京都市中京区寺町通のギャラリーヒルゲートにて、夜話市民講座「開館50周年 丸木美術館を語る」に小寺隆幸理事長と共に出演します。
私は、《原爆の図》の歴史と今日的な意味についてお話する予定です。
料金は1000円(学生500円)、要事前申し込み。
E-mail hillgatekyoto@gmail.com 電話 075-231-3702

2月4日(土)午後2時半からは、神戸市中央区海岸通の兵庫県保険医協会5階会議室にて、非核の政府を求める兵庫の会第31回総会記念講演会「非核芸術へのお誘い」に出演します。
広島・長崎への原爆投下以後、脈々と受け継がれてきた「非核芸術」の系譜をたどり、「非核芸術」とは何か、そして、その多様な表現をもたらすものの意味について、「3.11」後を生きる私たちの現在と未来を照らしつつお話しいたします。
E-mail ok@doc-net.or.jp 電話 078-393-1833

2月18日(土)午後1時半からは、名古屋市名東区よもぎ台の戦争と平和の資料館ピースあいちで開催中の「原爆の図展」(2月14日〜3月25日)のギャラリートークを行います。
午後3時からは、映画『ひろしま』(1953年、関川秀雄監督)の上映会も予定しています。
E-mail peace-nw@sirius.ocn.ne.jp  電話 052-602-4222

お近くの皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ