2016/7/3

『丸木美術館ニュース』第126号発送作業  美術館ニュース

四國五郎展の準備と重なり、ドタバタ徹夜入稿でようやくこぎつけた丸木美術館ニュース第125号の発送作業。
大勢のボランティアが集まって下さり、順調に作業は終了しました。
皆さま本当にありがとうございます。
M年山さん夫妻が用意して下さったお昼のカレーも美味でした。

クリックすると元のサイズで表示します

今号の表紙は、赤松俊子(丸木俊)による《四國五郎の像》。
1950年10月、広島・五流荘で開催された「原爆の図展」の際に描かれたものです。
現在開催中の「四國五郎展」にて展示しています。

また、四國五郎の日記より、俊との交流が記録された部分を抜粋して紹介しています。

 そのうち赤松さんが来られサインをおねがいすると私の肖像をスケッチしてくださる。先づたんねんに鉛筆を削り、紙を小さく切って、そうして実にゆっくりと私と画面を半々にみくらべながら線描で描かれる。そうして赤松さん独特の巧妙な細い線の肖像スケッチができる。それは私の顔であって赤松さんの絵である。
 夕方、四部五部作の資料のために例の直登の日記をさしあげる。会場をひきあげかえりみち、みんなで本通りを通り文房堂前のミルクホールでミルクをのむ。赤松さんすっかり雄弁になって詩のはなし、辻詩の話が実によくつづく。やがて八丁堀で別れたのだが、こんどお遭いするときは素晴らしい辻詩をお目にかけようと約束しておく。

 (四國五郎の日記1950年10月9日の項より抜粋)

ニュースの具体的な内容は以下の通り。
8月6日ひろしま忌のご案内も掲載しています。

==========

8月6日ひろしま忌のご案内 …… p.2
ひろしま忌出演者紹介 坂田明さん、木内みどりさん …… p.3
オバマ大統領の広島訪問は私たちに何を問いかけているのか (小寺 隆幸) …… p.4
リレー・エッセイ第55回 「かぐや」と丸木美術館を繋ぐもの (井上 正) …… p.5
5月5日丸木美術館開館記念日報告 命にふれるとき (二瓶 龍彦) …… p.6
宇都宮中央女子高等学校合唱部ミニコンサートのお知らせ (吉岡 訓子)/ピースあいち原爆の図展報告(宮原 大輔) …… p.7
連載 丸木位里・丸木俊の時代〈第23回〉 濃霧の摩周湖/アトリエ村の女絵かき (岡村 幸宣) …… p.8
丸木美術館開館50周年に向けて〈第2回〉 わたしと丸木美術館 (片岡 健) …… p.10
丸木美術館情報ページ …… p.11
写真で見る 丸木美術館の日常風景 (山口 和彦) …… p.12

==========
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ