2015/7/10

東京造形大学大学院造形特講「いま《原爆の図》を読みなおす」  講演・発表

今日は母校の東京造形大学の大学院の授業に呼んで頂きました。
造形特講という授業のゲスト講師です。講義の題は「いま、《原爆の図》を読みなおす」。

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりにキャンパスを歩きましたが、周辺の雰囲気は変わりませんね。スクールバスも、谷間を縫うように建つ校舎も懐かしかったです。

新しくなった(いつから新しくなったかは不明ですが、20年前にはなかった)学食では、法学の前田朗先生にお会いしました。たぶん20年ぶりでしょう。そんなアットホームな雰囲気も懐かしいものでした。

始まる前は、どちらかと言えばのんびりした美大生が、《原爆の図》にどこまで関心を持つだろうかと不安もありましたが、講義の後には質問も結構出て、熱心に聞いてくれたようなので良かったです。中国や韓国からの留学生も増えているようですね。

お招き下さった絵画科教授の母袋俊也先生に感謝。
この大学で学んだからこそ、いま丸木美術館で学芸員として働いているという、原点を確認するような一日でした。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ