2014/3/21

沖縄県立博物館・美術館「木下晋展 生命の旅路」のお知らせ  館外展・関連企画

この2日間、沖縄県立博物館・美術館のK学芸員と画家の木下晋さんが来館し、2月8日まで丸木美術館に展示されていた「木下晋展 生命の旅路」の作品の状態確認・梱包作業が行われました。

丸木美術館にとって初めての出来事なのですが、丸木美術館で開催した企画が、沖縄県立博物館・美術館に巡回するのです(4月4日〜5月6日)。

クリックすると元のサイズで表示します

チラシも、丸木美術館のときと同じデザインを使ってくださいました。
丸木美術館では、1月22日に『東京新聞』首都圏版で紹介されて以来、たいへん大きな反響のあった展覧会でしたが、沖縄の方々には、どのように見ていただけるのでしょうか。

展覧会の構成は、丸木美術館展と同様、木下さんの原体験である絵本原画『はじめての旅』からはじまり、16歳で自由美術展に入選した記念碑的作品《起つ》などの初期のクレヨン画・油彩画を経て、代表作として評価の高い鉛筆画へと続いていく内容です。
人間の「生」の根源へと向かっていく木下さんの作品世界と、木下さん自身の苦難の人生のつながりを提示する試みです。
木下さんご自身によるギャラリートークや記念対談、鉛筆画ワークショップなど、関連企画も盛りだくさん。

私もぜひ、実際に沖縄で展覧会の様子を見ておきたいと思っています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ