2013/4/1

第41回原爆文学研究会のお知らせ  講演・発表

2013年3月30日『中国新聞』朝刊に、“原爆文学研究会と「原発問題」 震災後、広がる視座 福島で来月初の例会”と題する記事が掲載されました。

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=20130401125213139_ja

2001年発足以来の研究会の歩みをたどり、震災後の原発問題への関心の広がりを紹介する内容です。

記事中でも紹介されていますが、4月27日(土)には福島大学で研究会が開催されます。
「「非核芸術」の系譜―広島から福島まで」と題して、岡村も研究発表を行います。
詳細は以下の通り。
2日目の30日(日)には福島浜通りのフィールドワークも行う予定です。

http://www.genbunken.net/goannai/41.pdf

==========

第41回 原爆文学研究会

【1日目】
○日時 2013年4月27日(土)13:00〜18:00
○会場 福島大学(福島県福島市金谷川1番地)S-24教室
○タイムテーブル
12:30 開場
13:00諸連絡・自己紹介
13:20研究発表1「「非核芸術」の系譜―広島から福島まで」 岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)
(休憩15 分)
15:00研究発表2「〈原爆〉という観念論―鹿島田真希『六〇〇〇度の愛』の考察―」 野坂昭雄(大分県立芸術文化短期大学准教授)
(休憩15 分)
16:40講話「終わりなきオブセッション―福島原発事故/隠蔽と強権を超えて原発0へ―」 澤正宏(福島大名誉教授)
18:00 終了
18:30 懇親会

【2日目】
○日時 2013年4月28日(日)8:00〜15:00
○内容 福島浜通りフィールドワーク
レンタカーに分乗し、現地の方の案内で福島浜通りなどを見学します。
レンタカー代などの必要経費は参加者で等分に負担することとします(※おおよその金額は参加人数が確定してからご連絡します)。

○参加申込締切 2013年3月22日(金)※原爆文学研究会事務局の中野和典までeメールかお電話でお申し込みください。


==========
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ