2012/12/8

美術館クラブ「たのしいクリスマスツリーを作ろう」  ワークショップ

10年間続いた毎月1回の丸木美術館クラブ工作教室。
実は、今回の「楽しいクリスマスツリーを作ろう」が最後のワークショップとなるのです。

船の木製工作キットの部品をレコード盤に貼って、クリスマスツリーを作るという内容。
いつものように和やかにワークショップがはじまりました。

クリックすると元のサイズで表示します

かたちを決めたら、部品にマジックで色を塗っていきます。
色鮮やかで楽しいデザインのツリーができていきました。

クリックすると元のサイズで表示します

なかには、クリスマスツリーじゃないものをつくっている人もいます。
でも、この工作教室は何をつくってもOK。
企画者のM年山さんは「すごいじゃな〜い!」と褒めてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして、個性的なクリスマスツリーがたくさんできあがりました。
から傘お化けや怪獣も交じっています。

クリックすると元のサイズで表示します

工作のあとには、妻T差し入れのクリスマスケーキを食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年恒例、サンタクロースも登場!
子どもたちはプレゼントをもらってよろこんでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

10年間に、約120回行われたワークショップ。
たくさんの子どもたちで賑わった頃もありました。
わが家の子どもたちも、生まれたばかりの頃から参加して、お兄さん、お姉さんたちにかわいがってもらいました。

いろいろなことがあったけれど、M年山さんの「すてきね〜、いいじゃな〜い」の言葉に励まされながら、みんなが楽しそうに工作にとりくんでいたことを思い出します。
そして、いつも裏方で材料の準備をしてくれた、T口さんはじめカルディア会の皆さんには、本当に心から感謝。

この10年の総決算として、1月26日(土)から2月23日(土)まで、「丸木美術館クラブ工作教室の10年展」を開催します。
初日の1月26日には、M年山さんもいろいろとオープニング企画を考えているようです。
寒い時期ではありますが、楽しく盛り上げていこうと思っています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ