2012/10/3

演劇動画「もれいづる月」  他館企画など

丸木美術館のボランティア新聞編集者で、文学座準座員の神田成美さんが演出を担当している演劇動画「もれいづる月」のご案内です。
「クォータースターコンテスト」という15分間の演劇動画コンテストのエントリー作品だそうです。

作者は、文学座の山谷典子さん。
原子力発電所の燃料プールの水が完全になくなり、多量の放射能が漏れてしまったというニュースを聞いた二組の夫婦が、東京から避難する途中で車内に閉じ込められる……という設定の、短いけれども余韻の残る物語。



以下のサイトから「観客として参加」し、「いいね」ボタンを押すこともできます。
ぜひご覧になって下さい。

http://entre-news.jp/2012/10/5794.html

もれいづる月

作 山谷典子
演出 神田成美
出演 加納朋之、辻輝猛、鬼頭典子、山谷典子
声の出演 浜野基彦
音響プラン 山崎哲也
音響オペレーター 佐古真弓
照明オペレーター 鈴木亜希子

   *   *   *

これまでにも、戦争の時代と現代を重ね合わせる舞台を作り続けてきた山谷さんは、来年3月に原発問題を主題にした公演を企画しています。
そのために、役者の皆さんといっしょに丸木美術館にも見学に訪れて下さるなど、熱心に準備を進めています。
こちらも非常に興味深く、楽しみな舞台です。

Ring-Bong 第三回公演「あとにさきだつうたかたの」

クリックすると元のサイズで表示します

【公演期間】2013年3月7日(木)〜12日(木)
【劇場】サイスタジオ小茂根Aスタジオ

【あらすじ】
歴史博物館に、毎日訪れる初老の男。
彼は「何か」を探していた。
決別した父を、少年時代の自分自身を。
−僕は、貴方のようには生きません。決して−
50年前、戦争に加担した父にそう告げた。
そして私は、核の平和利用を信じ、原子力学を学んだ。
・・・「何か」を探していた。
自分をかばって死んだ母を、母の答えを。
−僕の中に生き続ける・・・泡沫(うたかた)のように消えた母−

【作】山谷典子
【演出】小笠原響

【出演】林次樹、井上倫宏、高野絹也、辻輝猛、田中宏樹、藤堂陽子、米倉紀之子、松垣陽子、山谷典子

前売り開始 2013年1月15日
お問い合わせ・申し込み 華のん企画 03-5917-4845
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ