2012/7/12

銀板写真の秘密?  企画展

昨日から、企画展「新井卓 銀板写真展」の準備がはじまっています。
展示室では、新井さんがそれぞれの銀板写真を展示するための台を壁に設置し、さらに、その上に電球を垂らして、センサーで人が近づくと点灯するように工夫を凝らしています。

クリックすると元のサイズで表示します

自然光が入りこむ天窓は、昨年末のChim↑Pom展に続いて、ほぼ完全に遮光する予定です。
なぜそんな凝った展示をするのか。
それは、実は新井さんのこだわり……ではないのです。
鏡面状になっている銀板写真は、自然光のもとで見ても、ほとんど何も映りません。
参考までに、ふだんの丸木美術館の照明で新井さんの銀板写真を見ると、この通り。

クリックすると元のサイズで表示します

トイレの鏡(←と、新井さんには言われました)ではありません。
写真の中央の人影の部分を見ると、辛うじて何か建物が映っているのがわかります。
それが、自然光を遮断し、電球の灯りで照らすと(懐中電灯でも可)、たしかに銀板に刻まれた光痕が浮かび上がってくるのです。
本当は、壁全体を黒く塗るとさらに良いそうなのですが。

作業は明日まで続き、土曜日の初日には完全に展示ができあがっている(はず)です。
乞うご期待!
きっと素晴らしい展示になることと思います。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ