2012/4/20

図画教師・戸坂太郎  執筆原稿

2012年4月10日発行の『丸木美術館ニュース』第109号の連載記事「丸木位里・丸木俊の時代」第10回で、俊の旭川高等女学校時代の美術教師であった戸坂太郎を紹介しました。

戸坂太郎については、宇佐美承著『池袋モンパルナス』(1990年、集英社)に唯物論研究で知られる戸坂潤の甥という記述があるばかりで、どのような方だったのか詳しいことはほとんど知らなかったので、北海道立近代美術館のS氏を通じてご遺族を紹介して頂きました。
その結果、戸坂太郎は実際は戸坂潤の4歳年少の従弟であったことや、旭川高女に14年間勤務した後、北海道学芸大学、北海道教育大学などの教授となり、版画や図学を教えていたこと、1961年に設立された北海道版画協会の初代会長を務めていたことなどがわかったのです。

今回の記事には、「戸坂先生に旭川高女で4年間美術を受け持ってもらった」という元教え子の方からお電話があったり、室蘭在住の画家・北浦晃氏から北海道版画協会の設立の経緯に詳しく触れたご自身の論考「版画についての断章」(2004年文化女子大学室蘭短期大学研究紀要)を送って頂いたりと、思わぬ反響が寄せられました。

こうした反響の大きさから、あらためて、戸坂太郎という人が優れた教育者で芸術家であったのだという思いをかみしめています。俊が彼から受けた影響も、本当に大きかったことでしょう。

下の「連載 丸木位里・丸木俊の時代〈第10回〉」をクリックすると、ニュースに執筆した記事の内容を読むことができます。

連載 丸木位里・丸木俊の時代 〈第10回〉
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ