2012/4/1

「美術館としての原爆堂に関する覚え書」  原爆堂計画

先日、武蔵野美術大学非常勤講師の石崎尚さんから、武蔵野美術大学研究紀要No.42抜刷「美術館としての原爆堂に関する覚え書―丸木位里・俊夫妻と白井晟一の交流について―」(2012年3月1日、武蔵野美術大学発行)を頂きました。

丸木夫妻の《原爆の図》を収蔵する美術館として構想され、1955年に発表された白井晟一の建築計画「原爆堂」。結局、実現にはいたらなかったものの、白井建築を象徴する作品として評価の高いこの計画がどのような経緯をたどったのかを、石崎さんは丹念に調査し、なぜ実現しなかったのかを読み解いています。
今回あらためて発掘された資料も多く、すでに知られている伝説的な言説を建築家と美術家の両方から複眼的にとらえなおす、非常に興味深い内容です。
以下に論文の見出しを紹介いたします。

1. はじめに
2. 原爆堂計画の経緯
 2-1. 1955年4月、原爆堂計画の発表
 2-2. 1954年8月、原爆美術館の公表
3. 原爆堂の設計と双方のすれ違い
 3-1. 原爆堂の名称
 3-2. 原爆堂の理念
 3-3. 原爆堂の収蔵品
4. 実現されなかった原爆堂
 4-1. 1956年3月、計画の難航
 4-2. モダニズムと民族主義
 4-3. 原爆体験との距離
5. 1967年5月、丸木美術館の開館
6. おわりに


石崎さんは、原爆堂が実現しなかった理由として、敷地や予算などの現実的な条件だけではなく、白井側と丸木側の意見の相違が大きかったことをあげ、その相違について「民族主義」と「原爆に対する立場」という2つの違いが考えられると論じています。

丸木夫妻は、広島の悲劇を表現するには日本の画材を用いて日本人の理解者とともに運動を推進しなければならないと(少なくともこの時点では)考えており、白井は原爆を人類共通の悲劇であり文明の生み出した課題であると考えていたため、「徹底的に非日本的な要素で」原爆堂を組み立てていた。
また、自分たちが直接体験しなかった原爆の中心部分へ肉薄するために努力を尽くして絵を描いた丸木夫妻に対し、白井は体験としての原爆から遠ざかり、記号化され抽象化された原子エネルギーに近づくことで思想を深めていった。

こうした方向性の違いを提示した上で、石崎さんは、「両者の作品がそれぞれの思想の結晶化だとするならば、これほどまでに異なった二つの思想が一つの美術館として結実するには、神学論争にも似た隔たりを乗り越えねばならなかっただろう。そして原爆という出発点から発した二つの作品の隔絶を等閑視できるほどには、両者は不真面目ではなかった。仮にそれが実現していれば、という空想は自由であるが、結果が必ずしも幸福な作用を生んでいたわけではないだろう。ともすると実現させなかったという判断こそ、極めて妥当なものであったかもしれない。」と結論づけています。

このあたりの論考はとても読み応えがあり、丸木夫妻の《原爆の図》に(意図的に)一度も原爆の象徴的なイメージである“キノコ雲”が登場していないこと、白井晟一の「原爆堂」がまさにその“キノコ雲”のイメージを抽象化して設計されていることの“隔たり”に、今さらながら思いいたりました。
個人的には、原爆堂を「実現させなかったという判断こそ、極めて妥当なもの」という石崎さんの結論に同意します。

「原爆堂」計画の経緯については、まだ謎の部分も多いのですが、石崎さんの論考によって研究が大きく前進したことは間違いありません。
3

2012/4/1

『東京新聞』に「生誕100年丸木俊展」紹介  掲載雑誌・新聞

2012年4月1日付『東京新聞』の埼玉版に、“丸木俊さん 足跡たどる 生誕100年展”との見出しで、現在開催中の企画展「生誕100年 丸木俊展」が紹介されました。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20120401/CK2012040102000063.html

以下は、記事からの抜粋です。

==========

 俊さんは一九一二年、北海道生まれ。女子美術専門学校(現女子美術大)を卒業後、外交官の子どもの家庭教師としてモスクワに滞在したり、日本統治下にあった南洋群島を回ったりしながら創作活動を続けた。四一年に位里さんと結婚。四五年八月、原爆投下直後の広島市に入り、後に共同制作した「原爆の図」で世界に知られることになった。

 同美術館の岡村幸宣学芸員は俊さんの画業を「人間の本質を見つめ、鋭い観察眼と卓抜した技量で人間を描き続けた」という。

 ゴーギャンの絵を見て感動したことがきっかけで訪れた南洋群島では、色使いにゴーギャンの影響を感じさせる作品も残した。労働争議を題材にした「広島製鋼事件によせて」(四九年)や、六〇年安保闘争で亡くなった樺美智子さんにささげた「犠牲者」(六一年)など社会的な主題を持つ作品も多い。

 四六年から十七年にわたって丸木夫妻と交流した、いわさきちひろさんの作品には一室が設けられ、ベトナム戦争下の子どもたちを描いた絵本「戦火のなかの子どもたち」や広島で被爆した子どもの手記に絵を付けた「わたしがちいさかったときに」などから十点の復元作品が展示されている。

 岡村さんは「いわさきちひろの初期のデッサンは丸木俊によく似ている。画家としての基礎技術を俊から学び、『にじみ』や『ぼかし』など水墨画の技法は位里の影響を受けた」と話している。


==========

いつも取材して下さる川越局のN記者に心から感謝です。
暖房のない丸木美術館ですが、ようやく少しずつ暖かくなってきました。
あと1週間ほどで桜の花も満開になるのではないしょうか。
ぜひ、多くの方に美術館に足を運んで頂きたいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ