2012/2/21

インフルエンザから復帰/新井卓さん来館  来客・取材

先週はインフルエンザに感染してずっと自宅で寝込んでいました。
おかげで、予定していた健康診断や総務委員会、練馬区立美術館で開幕した「中村正義展」のレセプションなどは全部キャンセルとなってしまいました。
その他の仕事もすべて大幅に予定が狂ってしまい、関係の皆さまには本当にご迷惑をおかけいたしました。
ようやく本日から体調が戻り、職場に復帰しています。

   *   *   *

午後からは、写真家の新井卓さんが来館し、今年夏に丸木美術館で予定している写真展の打ち合わせを行いました。
新井さんは1978年川崎生まれ。写真黎明期の技法・ダゲレオタイプ(銀板写真)を独自に習得し、作品を制作。昨年3月11日の地震発生時には偶然、第五福竜丸展示館から借りていたビキニの死の灰を撮影中だったそうです。その後、福島県の飯館村や南相馬などを訪れながら、原発事故後の風景や人びとの姿を銀板に記録し続けています。昨年、川崎市民ミュージアムで開催した個展「夜々の鏡 Mirrors in Our Nights」も素晴らしい内容でした。
http://fine.ap.teacup.com/maruki-g/1725.html

今年は3月14日から20日まで銀座ニコンサロンで写真展Here and There −明日の島を開催するほか、6月から7月にかけては、東京国立近代美術館での個展も決まっているという現在注目の若手写真家です。

クリックすると元のサイズで表示します

「われわれが福島を見つめるのではなく、福島からわれわれを見つめ返すような展覧会を作りたい……」と語る新井さんが、どのような作品を丸木美術館で見せてくれるのか、大いに期待したいと思います。

   *   *   *

現在開催中の「生誕100年 丸木俊展」も少しずつ反響が出てきています。
埼玉県内向けのNHK-FMラジオ放送「日刊!さいたま〜ず」への番組出演が3月21日(水)に決まりました。
また、テレビ埼玉からも取材の依頼が。こちらは2月29日(水)夜のニュース番組のなかで特集が組まれることになりそうです。
詳細は追ってお知らせいたします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ