2011/11/5

KEN 崔善愛ピアノソロ「Piano, my Identity」  他館企画など

夕方から、粟津ケンさんの主宰する三軒茶屋のスペースKENで開催された崔善愛ピアノソロ「Piano, my Identity」に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ピアニストの崔善愛(チェ・ソンエ)さんは、日本で生まれ育った在日韓国人三世。
21歳のとき「外国人登録」の指紋押捺を拒否し、アメリカに留学する際に日本の特別永住権を剥奪されました。その後20年間にわたって裁判で争い続け、1999年に国会参議院審議に参考人として招致され、翌年に特別永住権を原状回復しています。
アメリカ留学中に『ショパンの手紙』という書籍に出会ったことから、強国の侵略によって祖国ポーランドを失ったショパンの心情を知り、自身の生き方と重ね合わせながら表現活動を続けてきたとのこと。粟津ケンさんとは25年前からのお知り合いだそうです。
「自分の国」を問い続けて』(岩波ブックレット)、『父とショパン』(影書房)、『ショパン 花束の中に隠された大砲』(岩波ジュニア新書)といった著書も執筆されています。

   *   *   *

ワルシャワ時代の記念碑的作品「ピアノ協奏曲第1番」ではじまったコンサートは、若き日のショパンが祖国を離れる直前に悩み苦しんだ心境を崔さんが詳細に解説しながら曲を奏でるという、非常に興味深い内容でした。

祖国に残って友人たちとともに独立運動に参加するべきか、二度と帰国できないことを覚悟つつ音楽活動のために外国へ旅立つべきかと悩み、引き裂かれるような思いで国を離れることを決意したショパンがウィーンに到着したわずか1週間後、ワルシャワではロシアの統治に対する武装蜂起が起こります。
「武器をもって闘うことだけが国に尽くすことではない。音楽をもってポーランドの悲劇を世界中に響かせる使命を忘れてはならない」という友人の言葉もあって、ショパンは暴れ狂った気持ちをぶつけるように作曲に向かったそうです。
そうした解説を聞いた後で、“外国の侵略を受け続けたポーランドの歴史絵巻を見るような”と崔さんが評する壮大な叙事詩「バラード第1番」や、喪失感に打ちのめされたような「ノクターン 嬰ハ短調・遺作」などの演奏を聴くと、“ピアノの詩人”という華麗なイメージの強いショパンが、いかに祖国独立への情熱や亡命者の悲しみを抱えて“闘っていた”のかを考えさせられます。

崔さんが、「音楽は国境を越えるとか、音楽家はコスモポリタンであるという言葉を聞くと、幸せな環境にいる人だとしか思えない。ショパンでさえ国家に翻弄され、自由に国境を越えることはできなかった」と発言されていたことが、とても心に残りました。

人間が自由に生き、表現活動を行うことは、本当に大切だと思います。
しかし、厳しく抑圧された環境から生み出される優れた芸術もあります。
ショパンがマズルカやポロネーズといった民俗舞曲を曲のなかに取り込んでいったのも、祖国の文化が抑圧されていたことと深く関係しています。
日本でも、戦争によって自由な表現活動を行えなかった時代に、松本竣介や靉光といった画家たちが不安と緊張感にあふれた鋭い作品を残しています。
丸木夫妻の《原爆の図》も、初期の作品は米軍占領下の時代に描かれており、検閲によって原爆の記憶が奪われていくことへの抵抗の気持ちがあったはずです。

悲しみや痛みから生まれた表現に触れ、心を動かされ、今まで自分が見てきた世界を、まったく違う視点からとらえかえす。芸術にはそうした変化を生みだす可能性があるのだと、あらためて感じることのできた貴重な体験でした。

   *   *   *

KENでの崔さんのコンサートは、11月26日(土)、12月3日(土)にも開催されます。
各回2,500円、予約の方は2,000円。
時間はいずれも午後4時半開場、午後5時開演とのことです。
http://www.kenawazu.com/event.html#che
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ