2011/5/1

チェルノブイリ展・針生展展示替え  ボランティア

会期を延長していた「第五福竜丸事件」展が4月30日に終了し、緊急開催となる「チェルノブイリから見えるもの」展と同時開催の「追悼 針生一郎」展に向けての展示替え作業を、一日がかりで行いました。
ボランティアのY浅さん、T瀬さん、K藤さん、M山くん、M口くん、S恵さん、そしてS恵さんの友人で初参加のK巻さんに加えて、29日から学芸員実習を行っているI田くんとO谷さんも参加し、手際良く作品の撤去と展示作業が進んでいきました。

この日展示したのは、フォト・ジャーナリスト広河隆一さんがチェルノブイリを取材した写真11枚。
そして、2階のアートスペースで開催する「追悼 針生一郎」展の展示もほぼ終わりました。
事務所内では展覧会の看板やキャプション作りも急ピッチで進んでいます。
5月3日の展覧会初日に向けて、慌ただしいなか着々と準備が整ってきました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ