2011/2/19

川越スカラ座『ハーブ&ドロシー』トークショー予告  川越スカラ座

2011年2月27日(日)、川越スカラ座にて、映画『ハーブ&ドロシー』午後3時の回上映後の午後4時40分よりトークショーを行います。

クリックすると元のサイズで表示します

場所は川越スカラ座(埼玉県川越市元町1-1-1、電話049−223-0733)。
当日までに川越スカラ座で『ハーブ&ドロシー』(2月19日より上映)をご鑑賞になったお客様には、チケットご購入時にイベント参加券をお渡しします。
映画鑑賞料金は一般1,500円、シニア・学生1,000円。
もちろん、当日午後3時に映画をご鑑賞になった方も引き続きトークにご参加いただけます。

   *   *   *

『ハーブ&ドロシー』(佐々木芽生監督、2008年)は、ニューヨークに住むごく普通の老夫婦・元郵便局員のハーブとその妻で元図書館司書のドロシーが、慎ましい生活のなかで4,000点以上の現代アート作品をコレクションした足跡をたどりながら、彼らとアーティストたちとの心温まる交流を描いた見応えのあるドキュメンタリー作品です。



会場となる川越スカラ座は、川越の中心“時の鐘”近くの路地裏の住宅街のならびにひっそりと建つ、昔ながらの懐かしい佇まいの映画館です。
現在は、地元出身の若い世代がNPOとして運営し、私もボランティアの一員として活動のお手伝いをさせて頂いています。
寄席として営業を開始したのは、なんと1905年。現存する埼玉県最古の映画館だそうです。
シネコン全盛の時代に、こんな時間が止まったような映画館があるのか!と感動すること請け合いですので、ぜひ皆さまこの機会に訪れてみて下さい。
http://www.cinema-st.com/classic/c022.html
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ