2010/12/15

NHKテレビ取材/FMラジオ出演  TV・ラジオ放送

「没後15年 丸木位里展」広報のための一日になりました。

午前中はNHKテレビ放送用の撮影スタッフが来館。
取材をして下さったのは、今年一年本当にお世話になったさいたま局のH記者です。

クリックすると元のサイズで表示します

美術館の入館者がもっとも少なくなるこの季節のテレビ取材は、本当にありがたいです。
放送予定は未定ですが、年末年始になりそうとのこと。
年明けにたくさんの方が観に来て下さると良いのですが……

   *   *   *

午後6時からは浦和のNHKさいたま放送局を訪れ、FMラジオの「日刊!さいたま〜ず」に出演。
前回に続いて滝島雅子アナウンサーがお相手をして下さり、「没後15年 丸木位里展」の話をしました。

ヨーロッパの前衛芸術思想シュルレアリスムの影響を受けて「日本画」に実験的な表現をとりいれた丸木位里や仲間の画家たちの魅力について夢中になって話しているうちに、20分の出演時間は無事に終了。
テレビの収録では限られた時間で話をまとめなければならず、つい焦ってしまうのですが、ラジオは伝えたいことを落ちついて話すことができるので、毎回楽しく出演させて頂いています。

上手に話を引き出して下さる滝島さんにも本当に感謝です。
放送前のマイクテストのときに「準レギュラーにおいでいただきました」と笑顔で緊張をほぐして下さったり、テレビとラジオの話の方法論の違いを教えて下さったり、ゲストがリラックスして話せるような細やかな気遣いをして下さるので、ふだんより上手に話せるような気になるのです。

出演の前後にはキャスターの佐々さんや石垣さんが笑顔でお迎えに来て下さって、カメラマンの顔見知りの方々も声をかけて下さるなど、毎度のことながらNHKさいたま放送局の皆さんには本当に良くして頂きました。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ