2009/10/31

講演会「中村正義と映画」  イベント

午後1時より野木庵にて現在開催中の企画展「中村正義展」の関連イベントとして講演会が行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

中村正義の美術館館長の中村のり子さんも来館され、「ふだん見慣れている作品なのに、場所が変わると、こうも違うのか、というほど違って見えてくる。20年ほど前に丸木美術館と交換展をやったときに、丸木夫妻が“うちの美術館より作品が良く見える”と言ってくれたことを思い出す」とイベントのはじめに挨拶をして下さいました。

クリックすると元のサイズで表示します

予定では針生一郎館長が「中村正義の真価を語る」はずだったのですが、諸事情により針生館長の講演は11/7(土)午後1時に延期。その代わりに、近年、膨大な中村正義生涯年譜を編纂されている研究者の笹木繁男さんが、中村正義の生涯を丹念にたどりながら、「自分の描きたい絵を描き続けた信念に生きた画家」と語ってくださいました。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて映画監督・プロデューサーの武重邦夫さんが、小林正樹監督の映画『怪談』(1965年)の「耳無し芳一」のシーンに使われた中村正義作《源平海戦絵巻》の映像を紹介。「様式的な美しい映像にこだわる小林監督と、怨念のこもった武士の醜い死に様を描いた正義の個性のぶつかりあいが大きな特色」と解説をして下さいました。
武重さんは今村昌平監督のもとで長く助監督などの仕事を務められたのですが、今村監督は正義をたいへん尊敬されていたとのこと。正義の独創的な写楽研究にも注目されていて、正義、今村監督、フランキー堺さんの3人で写楽の映画を作る計画もあったそうです。
資金面などの事情により写楽の映画は結局実現せず、フランキー堺さんはのちに篠田正浩監督の映画『写楽』の企画総指揮を務めることになるのですが、武重さんは正義とともに写楽研究家を次々と尋ね、「正義先生が三白眼で研究者に次々と詰め寄り、インタビューがご破算になる様子をフィルムに撮影したことがある」と笑いながら回想されていました。

武重さんは、正義が写楽への関心を元禄時代に生活絵画を復興させた“町絵師”の姿に重ねあわせていたのだろうと興味深い指摘をされ、いつか「人間・正義」を描いた映画を作りたい、との意欲も語って下さいました。

笹木さんと武重さん、中村正義という画家の姿を追い続けるお二人の話はとどまるところを知らず、講演後も流々庵に場所を移して、日が沈むまで延々と続いていきました。
3

2009/10/22

上毛新聞「三山春秋」  掲載雑誌・新聞

本日来館されたお客さんから、10月19日の『上毛新聞』1面の「三山春秋」欄に、丸木夫妻のことが紹介されていたと教えて頂きました。

記事には、「核なき世界へのビジョン」を訴えたオバマ大統領にノーベル平和賞が決まった翌日に、被爆地の広島、長崎が五輪招致を表明したことを取り上げながら、次のように書かれています。

▼原爆投下直後の様子をキャンバスに描き、世界平和を訴え続けた画家、丸木位里さん・俊さん夫妻(いずれも故人)。駆け出し記者のころ、前橋市内で開かれた個展を取材したことがある▼『原爆の図』を見て、あまりの凄絶さに言葉を失っていると、位里さんの方から声を掛けてきた。「戦後生まれの方ですね。原爆がいかに悲惨であるか、ありのままを伝えようと思って描きました」。もの静かな声だった▼位里さんは広島市生まれ。東京で“新型爆弾”の投下を知って俊さんと駆けつけた。「地獄でした」。遠くを見ながらポツリと語った言葉が今も耳に残る▼夫妻は1950年から32年間、同じテーマを描き続け、多くは埼玉県東松山市の丸木美術館に収められている。晩年「ぜひノーベル平和賞を」という声が上がったこともある。位里さんは14年前のきょう、94歳で亡くなった。

さっそく『上毛新聞』の編集部にお礼の電話を入れて、掲載紙を送って頂くことになりました。
こうした地方新聞に温かい記事が掲載されて、それを見た方がわざわざ遠い美術館まで足を運んで下さるというのは、とても嬉しいことですね。職員一同、励まされる思いがしました。
本当にどうもありがとうございます。
0

2009/10/21

自然食通信社訪問/川越スカラ座ボランティア  ボランティア

いつも丸木美術館でボランティアの皆さまに支えられている立場の私ですが、昨年から地元の川越でNPOの運営する映画館・川越スカラ座でボランティアの仕事をさせてもらっています。
仕事の内容は主にポスター貼りや看板作り・ペンキ塗りなどの身体を使う作業。
体験上、ボランティアは知恵を出すより身体を使う方が現場にとってはありがたいというのをよく知っているので、できるだけ“誰でもできるけれども、手が足りない”という仕事を手伝うように心がけています。もっとも、これは地元ボランティアのK林(T)さんの受け売り。
たまには立場を変えてみるのも、いろいろ新鮮な発見があり、精神的にも良いようです。

時には、丸木美術館で蓄積された人間関係や経験が、川越スカラ座の仕事に役立つこともあります。
今年の8月に行われたイベント「おすぎのシネマトーク」では、以前、丸木美術館で永六輔さんと神宮寺住職のTさんの対談イベントを行った経験が役に立ち(おすぎさんはお二人と深い親交があるのです)、司会を務めさせて頂きました。

   *   *   *

そして、今回。
11月1日から13日まで川越スカラ座では、『未来の食卓』というフランス映画を上映します。
学校給食のオーガニック化に取り組む南フランスの小さな村の活動を追った食育・環境ドキュメンタリー映画です。
http://www.uplink.co.jp/shokutaku/

その上映に関連するトークイベントを企画したいという相談をスタッフから受け、丸木美術館の関係者に当たってみたところ、俊さんの姪で絵本作家のH子さんから、自然食通信社の横山さんを紹介されました。H子さんは以前から、自然食通信社の発行している雑誌や書籍に、たくさんのイラストを描いているのです。

さっそく川越スカラ座のスタッフに紹介したところ、11月3日(月・祝)午後3時から、横山さんと自然農を実践されている生産者農家の方の対談が実現することになりました。

そういうわけで今日は、丸木美術館の仕事をお休みさせてもらって、川越スカラ座支配人のF橋さん、スタッフのI島さんといっしょに、本郷三丁目にある自然食通信社にご挨拶に訪れました。
温かく迎えて下さった横山さん。なんとお昼ごはんにお手製のオーガニック料理を御馳走して下さいました。とても美味しかったです!

クリックすると元のサイズで表示します

   *   *   *

実は、11月31日(土)に丸木美術館で開催する中村正義展の関連イベントで講演して下さる映画監督・プロデューサーの武重邦夫さんに初めてお会いしたのも、川越スカラ座で行われた『いのちの作法』初日舞台挨拶でのことでした。
丸木美術館の経験を川越スカラ座で生かし、川越スカラ座での出会いを丸木美術館に生かし。
これからも、地域のなかで生かし生かされながら、さまざまな活動を続けていきたいと思います。
2

2009/10/18

企画展展示替「中村正義展」  企画展

「今日の反核反戦展」の作品を撤去し、「中村正義展」の作品などをならべる一日がかりの展示替え作業。「反核反戦展」は片付ける部屋も多いので、体力的にも精神的にもなかなか大変なのですが、元実習生のM岡くんや地元・東松山のM木さん、越生のY口さん、行田のT田さん兄妹らボランティアの方々が手伝いに来て下さって、とても助かりました。
皆さん、本当にありがとうございます。

「中村正義展」は、入口側の小さな展示室に、初期の卓越した技量が見られる小品を展示することにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大きな企画展示室には、正義の得意とした舞妓の作品シリーズや、水俣病を主題にした《おそれ》などの大きめの作品を展示。これがなかなか迫力があります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回の一番の見どころである《顔》の連作は、若い画家のM岡くんにすべてを任せて、企画展示室の正面の壁に展示をしてもらいました。
時間を忘れて展示に没頭していたM岡くん。仮展示が終わる頃には、美術館の周囲もすっかり暗闇に包まれていましたが、M岡くんは「すごく楽しかったです」と充実した表情。きっと正義の作品と直接向き合うことで、さまざまなことを学んでいたのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

別の部屋には、丸木位里さんの屏風画で三方を囲む特別展示室を作りました。
《昆明石林》、《海》、《グランドキャニオン》の大作3点です。いずれも、丸木美術館では久しぶりの展示。この部屋もまた、圧倒されるほどの迫力です。

クリックすると元のサイズで表示します

また、丸木俊さんの南洋時代の絵画の特集展示も行っています。
これは、先日、日本経済新聞社のK記者が南洋時代の取材に来られたため。
11月1日の日曜版「美の美」というコーナーで、俊さんの油彩画《ヤップ島》と《アンガウル島へ向かう》の2点が紹介される予定ですので、ぜひご覧になってください。
両作品とも本物を丸木美術館に展示しています。足を運んで下さればなお嬉しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「中村正義展」それから丸木位里、丸木俊の特別展示もともに、会期は12月12日(土)まで。
1

2009/10/17

美術館クラブ「グルグル工作って何?」  ワークショップ

ダニーさんの講演会と同時進行のスケジュールで、野木庵で行われた丸木美術館クラブ工作教室「グルグル工作って何?」。
古神篤子さんの案内で、CDや釜飯のフタの裏面に絵を描くというワークショップを行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

参加者はやや少なめでしたが、みんな描き出すとやはり夢中になります。
ぼくは小高文庫と野木庵を行ったり来たりしながら、このところ掃除のときに見かける機会の多いイモリをモチーフに図案化した絵を描きました。
みなさんの力作は下の写真の通りです。

クリックすると元のサイズで表示します

ワークショップの後は、恒例となっている妻Tの差し入れのお菓子を食べてコーヒーブレイク。
この日のお菓子は、美術館近くに住む評議員のMさんから頂いた栗を使ったモンブランでした。
次回は11月14日(土)、画家の谷口幹郎さんの案内で、「名前をアートするって楽しいぞ」を行います。
0

2009/10/17

秩父のダニーさん講演  イベント

午後1時から小高文庫にてイスラエル出身の秩父在住ダニー・ネフセタイさんの講演「平和への願い〜頑固な固定観念を打破するために」が開かれました。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年暮れのイスラエル軍によるガザ地区攻撃をきっかけに、母国イスラエルに対する疑問を抱いたダニーさんは、平和を守るために自分のできることをはじめたいと考え、各地で平和をテーマにした講演をはじめることになったそうです。

イスラエル国内で、いかにして教育によって自分たちを正当化する固定観念が形成されるのか。そしてその固定観念は、もちろん日本のなかでも形成されるものではないだろうか。
歴史学者によれば、戦争を宣伝する10の法則は以下のものだそうです。

(1)「われわれは戦争をしたくはない」
(2)「しかし敵側が一方的に戦争を望んだ」
(3)「敵の指導者は悪魔のような人間だ」
(4)「われわれは領土や覇権のためではなく、偉大な使命のために戦う」
(5)「われわれも誤って犠牲を出すことがある。だが敵はわざと残虐行為におよんでいる」
(6)「敵は卑劣な兵器や戦略を用いている」
(7)「われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大」
(8)「芸術家や知識人も正義の戦いを支持している」
(9)「われわれの大義は神聖なものである」
(10)「この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である」

ダニーさんは、この法則をイスラエルの友人に話したとき、かならず決まって返ってくる言葉―ダニーさんによれば「11番目の法則」―があるといいます。
それは、「君の言うことはよくわかる。でも私たちの場合は事情が違う。なぜなら私たちの敵は本当に悪い奴だからだ」という言葉。
この固定観念を打破しなければ、戦争はいつまでも終わらない、というのがダニーさんの主張でした。

ガザ地区に追い込まれたパレスチナ人の姿は、ダニーさんにはユダヤ人が経験したナチスによる「ゲットー」そのものに映るといいます。でもイスラエル国内にいると、その感覚がわからない。
かつてユダヤ人は、追い立てられるままに抵抗らしい抵抗もせずアウシュビッツに送りこまれた、その記憶が過剰な防衛意識に結びついていて、少しでも攻撃を受けると、何倍もの反撃をしなければ安心できない。そんな現状を考えると、いつになったら平和な時代が来るのか気が遠くなりそうですが、ダニーさんはそれでも可能性はあると信じ、平和につながる活動をしていきたいとのことでした。

パレスチナ問題については、日本ではパレスチナ側からの情報が多く、戦争に反対するイスラエル人の視点というのが新鮮だったせいか、20人ほどの参加者からは質問が相次ぎました。
気がつけば1時間半の講演の後、さらに1時間半ほど熱い議論が続きました。
7

2009/10/16

中村正義展 ―美の秩序に挑んだ画家 ―  企画展

昨日、川崎市麻生区の「中村正義の美術館」から、中村正義の作品62点を無事に運搬してきました。

クリックすると元のサイズで表示します

次回の企画展は「中村正義展 ―美の秩序に挑んだ画家―」(10/24-12/12)。

中村正義(1924-1977)は、《源平海戦絵巻》などの作品で知られる日本美術史上に特異な足跡を残した画家で、丸木夫妻とは“反権力”を掲げた人人展や東京展で行動をともにするなど生前親しく交流しています。
1924年、愛知県豊橋市に生まれた彼は、36歳の若さで日展審査員となりましたが、伝統的な徒弟制度のなかでの作家活動に疑問を抱き、1961年に日展を脱退。その後は、自らの内面世界を強烈な色彩と筆致で表現した《顔》や《舞妓》のシリーズなど、従来の美意識や秩序に挑むような自由で革新的な創作を試みました。
 その一方、舞台や映画にも表現の世界を広げ、画壇の変革をめざして日展に対抗する組織を立ちあげるなど、社会に対してさまざまな問題を提起し続けました。1977年に52歳で亡くなるまで住み続けた川崎市の住居は、現在、「中村正義の美術館」として一般に公開されています。

 丸木夫妻が《水俣の図》を描いたように、正義も水俣病に現代文明の将来に対する不安と怖れを見出したような作品を残しています。なかでも有名なのは豊橋市美術博物館が所蔵している《何処へいく》(1974年)ですが、今展には「中村正義の美術館」館外初公開となる未完成作《おそれ C》が出品されます。グロテスクな顔をした妖しい群像の背景に、廃液の垂れ流しによって水俣病を発生させたチッソ工場が無気味なシルエットを浮かび上がらせている作品です。

   *   *   *

私にとって「中村正義展」は、数年越しの念願の企画でした。
毎年、春と秋に開催される「中村正義の展覧会」の企画展に足を運びながら、「いつかは……」と思い続けていました。その間、正義にまつわるいろいろな話を聞かせて下さり、展覧会が実現するまでずっと待ち続けて下った、正義の長女の中村のり子館長には、本当に感謝の思いでいっぱいです。今展でも、温かいご理解とご協力を頂き、約60点の絵画をお借りすることができました。
形骸化した美術界の秩序に反旗を翻し、「不公平是正という人間の最も根元的な素朴な理念」を目ざして実践活動を続けた正義の精神と、《原爆の図》によって戦争の不条理、生命の尊厳を描いた丸木夫妻の世界が、どのように結びつき、観る人に新たな視点を提示できるのか、ぜひ多くの方にご覧頂ければと思います。

会期中には、以下のイベントも行います。

■10月31日(土)午後1時
講演「中村正義と映画」武重邦夫(映画監督・プロデューサー)

当日は、「中村正義の美術館」中村のり子館長のご挨拶も予定しています。
また、武重邦夫氏の講演では、日本映画史上に残る傑作映画『怪談』(1965年 小林正樹監督)の「耳なし芳一」に用いられた中村正義の代表作《源平海戦絵巻》の画像も紹介しながら、正義と映画との関わりをお話いただく予定です。参加は無料(入館券は別途必要)となります。
(針生一郎氏の講演も予定していましたが、都合により、11月7日午後1時に変更となりました)

■11月7日(土)午後1時
講演「中村正義の真価を語る」針生一郎(美術評論家・原爆の図丸木美術館館長)

画家・中村正義の理解者であり、日展に対抗する団体を組織しようとした彼の姿勢を高く評価している針生一郎氏が、中村正義の真価について語ります。参加は無料(入館料は別途必要)となります。

■11月7日(土)午後3時40分
講演「水俣病の今」 久保田好生(東京・水俣病を告発する会)
ひとり芝居「天の魚(てんのいお)」(石牟礼道子『苦海浄土』より)出演=川島宏知

※前売2,000円 当日2,500円 全席自由(丸木美術館友の会会員は各500円割引)
石牟礼道子さんの文学作品『苦海浄土』をもとに、故砂田明さんが作りあげたひとり芝居「天の魚」。砂田さんの弟子の川島宏知さんにより復活した伝説的な演劇が、丸木美術館で上演されます。前売り券のお申し込みは丸木美術館事務局まで。
3

2009/10/15

唐子の地元学  館外展・関連企画

今年6月、水俣市の吉本哲郎さんが丸木美術館のある東松山市唐子地区で地域の人たちといっしょに「地元学」を実践されている様子をご紹介しました。
http://fine.ap.teacup.com/maruki-g/1200.html

この秋、再び吉本さん一行が唐子地区を訪れました。
昨日は丸木美術館の小高文庫で地元を舞台にした児童文学『天の園』を広め、学習しようという「天の園の会」の活動の聞き取り調査を行いました。
映画『水俣の図・物語』の助監督をつとめた西山正啓氏と親しいという吉本さんは、西山さんから、撮影時に丸木美術館となりの古民家・野木庵で過ごした日々のことを「それは至福の時だった」とお聞きしたとのこと。野木庵にご案内すると、「写真を撮ろう!」と子どものように喜んで下さいました。

   *   *   *

今日は地元の人たちといっしょに四つのグループに分かれて唐子地区の暮らしや風土を調べていました。
本当は私も参加したかったのですが、中村正義展の準備で作品の運送に立ち会っていたため、夕方の発表だけを上唐子公民館に聞きに行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

「唐子のように食や生活文化の魅力が詰まっている地域はなかなかない。この魅力を若い人たちに伝え、活性化していかなければもったいない!」という吉本さん。その具体的な秘策も、いろいろと地域の人たちに伝授されていました。
これから唐子地区がどのように連携し、地域の魅力を伝えていくことができるのか、とても楽しみになりました。
0

2009/10/12

舞台公演「革命と林檎―画家と戦争とシュルレアリスム―」  館外展・関連企画

三連休の最終日。今日も「反核反戦展」を観に来られた方を中心に、たくさんの来館者がありました。

その中に、小高文庫で熱心に資料を調べている若い女性の姿が……。
帰り際に丸木俊の関連書籍を購入されたので、どういう方なのだろう、と不思議に思って聞いてみると、12月に中野のテアトルBONBONで行われる「革命と林檎―画家と戦争とシュルレアリスム―」という舞台で、俊さんをモデルにした女流画家を演じるという俳優の石田佳奈さんでした。
この舞台は、「池袋モンパルナス」と呼ばれるアトリエ村で活躍した若い画家たちの姿を描いた作品です。新しい表現方法を模索し、「自由」をこよなく愛した彼らが、「正しい戦争」を描けと命じられる時代のなかで、どのように生きていったのか。非常に興味深い舞台になりそうです。
そして、わざわざ丸木美術館まで足を運んで、熱心に役作りをして下さった石田佳奈さんが、どのように女流画家役を演じるのかも、楽しみです。
私もぜひ、観に行ってみたいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

革命の林檎―画家と戦争とシュルレアリスム―

作・演出 宋英徳
2009年12月16日(水)〜20日(日)
テアトルBONBON 中野区中野3-22-8
前売り・当日ともに3,500円(全席指定)
※はじめて割、ペア得チケットあり
予約・問い合わせ TEL:080-4147-4962 MAIL:ticket@namaikikozou.com
0

2009/10/11

看板塗り直し/書庫整理  ボランティア

三連休の真ん中で来館者の多い日曜日。
いつもボランティアで活躍されているAさんが来館し、痛みかけている県道沿いの丸木美術館の看板に、ペンキを塗り直して下さいました。
ふだん建築の仕事をしているAさんは、丸木美術館の施設周辺のメンテナンスをとても気にかけて下さいます。これまでにも電球の増設や屋根の雨樋掃除などを手伝って下さいました。
看板はかなり大きいので、すべて塗り終わるにはまだまだ時間がかかりそうですが、Aさんはこれからも時間を見つけてペンキ塗りに通って下さるそうです。

また、この日はYさん、Mくんの男性ボランティアもたまたま来館され、書庫の整理などの力仕事を手伝ってくれました。
ふだんは男手が少ない美術館なので、こうしたボランティアは本当に助かります。
来週も企画展の展示替えがありますが、YさんもMくんも手伝いに来て下さるとのこと。
いつも本当にありがとうございます。
0

2009/10/10

東松山市環境フェア  館外展・関連企画

東松山市民文化センターで開催された「第10回東松山市環境フェア」に、丸木美術館の案内と唐子小学校の子どもたちの作品を展示しました。

丸木美術館からは、原爆の図第1部《幽霊》の写真パネルを展示。
唐子小学校の子どもたちの作品も、思いのほか色鮮やかで、会場入口でひときわ目立っていました。
「環境フェア」のイベント自体は10日(土)のみですが、丸木美術館と唐子小の展示だけは11日(日)の映画上映会まで残しているので、たくさんの方に観て頂けると良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/9

唐子小出張ワークショップ第2日  ワークショップ

台風の影響で1日順延となった唐子小学校ワークショップ2日目。
体育館に集まった子どもたちは、前回に引き続き、刺繍を貼りこんだ大きな簾に小さな模様を貼りつけていきます。この模様は、実はもともと帯だった布を細かく切ったものなのです。

クリックすると元のサイズで表示します

この帯の再利用も、案内人M年山さんの得意技。動物の刺繍のまわりがみるみるうちに素敵な模様でいっぱいになっていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真が完成作品!
「わーすごい。きれい」と先生も子どもたちも大よろこび。

クリックすると元のサイズで表示します

個人制作の方は、厚紙に太いマジックで名前を書き、そのまわりを色鉛筆できれいに塗っていきます。塗り上がった厚紙は、竹の表面に瞬間接着剤で固定させていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが完成作。名前の文字が書いてある厚紙を、□型ではなく◇型に貼るのがポイントです。たくさん集まると、動きがあって賑やかに見えます。
気がつけば、あっという間に給食の時間になっていました。

この作品は、10月10日(土)に東松山市文化センターで開かれる「環境フェア」に出品します。
0

2009/10/7

唐子小出張ワークショップ第1日  ワークショップ

今年も、地元の唐子小学校3年生を対象にした出張ワークショップの日がやってきました。
唐子小学校の体育館に集まった約80人の子どもたち。挨拶の声も元気いっぱいです。

今回のワークショップで作った作品は、週末に東松山市の市民文化センターで開かれる「環境フェア」に出品されます。
まずは学年みんなの共同制作。
案内人のM年山さんが集めた11枚の動物の絵の刺繍を、班ごとにわかれて大きな簾に貼る作業です。見本を見せているのがM年山さん。

クリックすると元のサイズで表示します

ひとつの班が集まって作業をしているあいだ、ほかの子どもたちは個人制作にとりかかります。
地元でとれた竹にせっせとやすりをかけて、きれいにしています。

クリックすると元のサイズで表示します

子どもたちは、すべすべした竹の触感に「気持ちいい!」「ずっとさわっていたい!」と笑顔。
次回のワークショップではこの竹に自分の名前をデザインした厚紙を貼っていくのです。

クリックすると元のサイズで表示します

そうこうしているうちに、簾の方の作業もずいぶん進んできたようです。
この共同制作は、これからどんなふうになっていくのでしょうか?

それは次回のワークショップのお楽しみ……
4

2009/10/3

ニュース発送作業など  ボランティア

今日は美術館ニュースの発送作業日。
地元ボランティアのK林(T)さん、M山さん、K野さん、N良間さん、越生町のY口さん、小川町のK林(M)さん、川越のS木(N子)さん、M年山さん夫妻、志木市のY浅さん、浦和市のA崎さん、新人ボランティアのM口さん、H多さん、K林(Y)さん、K林(H)さんなどたくさんの方が手伝いに来て下さり、午後2時前には作業が終わってしまいました。

水曜日には雨のなか地元のC間さんとK林(T)さんが美術館周辺の草刈りに来て下さいました。

少ない職員だけではできないこと、手の届かないことが、ボランティアの皆さまのおかげで少しずつ整理されていきます。
ボランティアパワー、本当に頼もしい限りですね。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ