2009/8/13

広島合同研究会に向けて  来客・取材

8月末に広島で行われる合同研究会「〈広島/ヒロシマ〉をめぐる文化運動再考 ―「つながり」と想像力の軌跡―」を前に、原爆の図研究で知られる近現代史研究者のKさんが来館されました。

この研究会には私も参加して、「原爆の図全国巡回展の軌跡」についての報告を行う予定です。
http://fine.ap.teacup.com/maruki-g/1193.html

被爆体験者の表現という視点から、大道あやと丸木スマの「原爆の絵」について論じられるKさん。この日は企画展「丸木スマ・大道あや展」をご覧になり、研究会で使用する画像の打ち合わせなどを行いました。

研究会の前には、ごいっしょに三滝の丸木夫妻のお墓やお寺などを巡る予定。
一昨年から藤沢、北海道、沖縄と続いているKさんとの「遠足旅行」。
今年の目的地は広島ということになりました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ