2009/6/27

豊島区ボランティアセミナー(予告)  講演・発表

7月5日(日)午後2時から、豊島区西巣鴨の「にしすがも創造舎」で豊島区在住・在学・在勤者向けに行われる文化ボランティアセミナーのシンポジウム“文化ボランティア活動の可能性”に、パネリストとして参加することになりました。

シンポジウムのコーディネーター・オブザーバーは、昨年、世田谷美術館の文化ボランティア全国フォーラムでお世話になった大久保邦子さんです。
ほかにパネリストは、杉本カネ子さん(NPO法人いけぶくろ大明理事長)、筒井一郎さん(潟kールエデザイン総合研究所代表)、福元保子さん(ドラマリーディングの会代表)が参加されるそうです。

文化芸術に自ら親しむとともに、ほかの人が楽しむことに役立ったり、お手伝いするようなボランティア活動として、今「文化ボランティア」が注目を集めているそうです。長い歳月のなかで丸木美術館が独自に練り上げてきたボランティア活動が、豊島区民の皆さまにどれほど役にたつのかなぁ……と一抹の不安がないでもありませんが、こんな例もあるんだよ、とボランティアの観念の幅を広げるつもりで、丸木美術館の事例を発表してきたいと思います。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ