2008/7/31

松本・神宮寺「いのちの伝承」展など  館外展・関連企画

午前中に長野県松本市の浅間温泉にある神宮寺のTさんが来館し、原爆の図第6部《原子野》、第12部《とうろう流し》を搬出していきました。
毎年8月に数点ずつ《原爆の図》を展示し、今年で11年目となる神宮寺の展覧会。
とうとう今年で全作品の展示を終えることになります(展覧会は8月1日から8日まで)。
長い間、作品をお借り頂き、本当にありがとうございました。
Tさんには、丸木美術館のイベントの出演者の相談など、さまざまなかたちでお世話になっています。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

   *   *   *

昨日(7月30日)から、文京シビックセンターにて今年で4回目となる《原爆の図》展がはじまりました。
今年は第5部《少年少女》、第7部《竹やぶ》、第8部《救出》の3点が出品されています。
原爆の図を見る会・文京の皆さんのご尽力による展覧会です。
都営地下鉄春日駅から徒歩1分という抜群のアクセスですので、東京にお住まいの方はぜひお運び下さい(入場無料、8月2日まで)。

   *   *   *

明日(8月1日)から15日まで、原爆の図丸木美術館支援チャリティ「生命のひかり展」―丸木位里・丸木俊回顧展が、さいたま市大宮区のカフェギャラリーあっぷるはうすで開催されます。
こちらはギャラリー史のTさんのご尽力による展覧会です。
小品の絵画のほか、版画、陶板など50点ほどを展示予定とのことです。

   *   *   *

8月6日に合わせて、各地で丸木夫妻関係の小さな展覧会が次々とはじまっています。
丸木美術館の「丸木俊 絵本の世界展」、埼玉県立近代美術館の「丸木スマ展」、渋谷区立松濤美術館の「大道あや展」とあわせて、どうぞよろしくお願いいたします。
0

2008/7/31

NHK−FMラジオにて企画展紹介(予告)  TV・ラジオ放送

明日、8月1日(金)午前中11時15分頃から、NHK−FMラジオ(埼玉県内向け 周波数85.1:秩父は83.5)の番組「いきいき埼玉11時」の「カルチャーインフォメーション」に生出演し、現在開催中の企画展「丸木俊の絵画 鮮やかな色彩の交響曲」を紹介いたします。
先ほど、NHKさいたま局のI田リポーターと打ち合わせを行い、丸木俊の絵本の魅力や、展覧会の見どころ、8月23日に開催するギャラリー・トークの紹介などを7分ほどの電話インタビューでお話しすることになりました。

ふだんはあまりご紹介できない丸木俊の絵本作家としての一面に焦点を当てる今回の企画展。
『かさじぞう』や『おしらさま』、『うしかいとおりひめ』などお馴染みの民話もあれば、『せむしの小うま』、『こまどりのクリスマス』など外国の物語もあります。
繊細な色づかいや線描表現で巧みに表現された世界からは、かけがいのない人びとの生活や文化を奪いとる「力」に対する俊の憤りが逆に浮かび上がってくるようにも思います。
夏休みなので、ラジオをお聞きになった方々が、親子連れで美術館に来てくれると嬉しいですね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ