2008/7/4

明日から「丸木俊 絵本の世界展」  企画展

埼玉県立近代美術館の「丸木スマ展」にかなりのエネルギーを割いているこの頃ですが、肝心の丸木美術館の「丸木俊 絵本の世界展」の準備も着々と進んでいます。

   *   *   *

6月29日の展示替えには、ボランティアのDさん、M川さん、Y口さん、K林(T)さん、M木さん、T岡くんに、初参加の大東文化大のK間くんが来てくれました。
「オリーヴプロジェクト展」の出品作家も、八鍬さんはじめ6人の方が来館し、作品の撤去と、展示室のパーテーションのペンキ塗りをしてくれました。
今回出品する絵本原画は、最終的に113点。その他、貴重な戦前の絵本をはじめ37点の資料を展示します。
絵本原画なので小品が多く、展示はほとんど2段掛け。壁に釘を打って展示していきます。
釘打ちの得意なDさんは、他のボランティアにもコツを伝授しながら、大活躍でした。

   *   *   *

7月2日にはS印刷所に絵本原画展の小冊子のデータを入稿。
今回は残念ながら展覧会初日に間に合わなかったのですが、7月11日に納品予定とのことで、来館者の増える夏休みには余裕を持って間に合いそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

これが小冊子の表紙になります。
表紙に使っているのは、チラシと同じく「うみのがくたい」です。
この機会に、丸木俊の絵本の仕事を年代を追って調べてまとめ、絵本『どんぶらこっこ すっこっこ』を晩年の俊といっしょに手がけた絵本作家の丸木ひさ子さん(俊の姪)や、70年代に俊担当編集者だった元フレーベル館の鈴木美恵子さんにも、それぞれの思い出を書いて頂きました。
見て美しく、資料としても充実した内容になっているのではないかと思います。

   *   *   *

そして、昨日、埼玉近美の展示に立ち会っている間に、事務局のY子さんとM子さんには、展示キャプションを作ってもらいました。
今日はそのキャプションを設置し、最後の展示の仕上げをして、ほぼ準備は整いました。

いよいよ明日から、「丸木俊 絵本の世界展」がはじまります!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ