2007/8/23

岩波DVDブック『ヒロシマ・ナガサキ』  来客・取材

午後、岩波書店のW辺さんが来館し、『岩波DVDブック Peace Archives ヒロシマ・ナガサキ』〔本体価格4,200円〕を寄贈して下さいました。
原爆の図第2部《火》、第8部《救出》が収録されています。
DVDブックとはいえ、書籍もオールカラーで123ページの豪華版。立命館大学国際平和ミュージアムの監修です。
原爆被害の実相と戦後の状況について、小・中学生にも理解できるような詳細な解説と映像が収録され、さまざまな角度から紹介されています。
DVD映像編にはアーサー・ビナード構成の「ピースマシンの旅」(約10分)が、資料編には約2,800点の原爆写真や約830点の市民が描いた「原爆の絵」などが収められています。
「ヒロシマ・ピースマップ」なども充実した無料携帯サイトもオープンしているとのことですので、関心のある方はぜひご覧になって下さい。
アーカイブスと名乗っているだけあって、たいへん資料の豊富な一冊で、見応えがあります。
0

2007/8/23

原爆関連書籍寄贈  来客・取材

杉並区で中学校の先生をしている評議員のK木さんが、原爆関連の書籍を200冊ほど寄贈して下さいました。
美術館には、丸木夫妻がアトリエ兼書斎に使っていた小高文庫という和室があるのですが、現在は小規模な図書室兼休憩室として公開しています。
今日は早速、K木さんの寄贈書籍を収めるスペースを作るため、本棚の整理を行いました。
(涼しくて助かりました)
被爆者の証言集や修学旅行の記録、子ども向けの原爆文学など、寄贈書籍の内容は多岐にわたり、一気に蔵書が充実したように思います。
これから、本格的な整理も必要になってきますね……
かつてS井元理事が提案したような「日本一の原爆ライブラリー」への道はまだまだ困難ですが、できることをできる範囲で充実させていきたいと思います。
K木先生、ありがとうございました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ